04/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31./06

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- --:--
カテゴリ: スポンサー広告
comment -- | trackback -- | 記事編集

PAGE TOP

かくれんぼ 

Stomatium 橘舟 蕾 091206_cIMG_6411
蕾を探してください。
正解はこのエントリの最後に書きますネ。

気がついたらストマチウムの株が伸び放題になっていたので週末にバラして挿した。そのとき、つい、つぼみの付いたヤツまでバラしちゃった。。。(~~。)
被害者は写真も含めて白花の2種。ストマチウム(Stomatium) 属には雅びた和名(園芸名)のものが多く、写真の種は橘舟(S.meyeri)、もう一つの被害者は檀舟(S.niveum)という。一緒にバラされたのは浮舟に楊舟だからシリーズのテーマは「舟」なんだけど、源氏物語風から中国古典風まで各種とりそろえている感じ。

この属には佳香を漂わせる種が多く、今回の人々もそうなので、ショックが大きい。この人たちは切られても健気に開花させることが多いのだけど、さすがに色や香りは本調子には及ばない。あんまり無理もさせたくないし、あぁ残念。
ちなみに、ストマチウムの白花は、火星人が好きな花の香りのトップ3に入る。バナナの香りを洗練させてミントのようなスーッとする成分を加えた感じで、夜咲きなので、この季節の読書のお供には最適だ。無理はさせたくないけど、咲いて欲しいし、、、ああハムレットの心境だ。

〈答え〉写真の真ん中です。
スポンサーサイト

テーマ: サボテン・多肉植物・観葉植物
ジャンル: 趣味・実用

2009.12.08 Tue 05:24
カテゴリ: ゲテモノな人々
comment(0) | trackback(0) | 記事編集

PAGE TOP

« 希望

冬に向けて »

コメント

PAGE TOP

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://fushigina87.blog22.fc2.com/tb.php/958-06a888a2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP

 | h o m e | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。