08/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30./10

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- --:--
カテゴリ: スポンサー広告
comment -- | trackback -- | 記事編集

PAGE TOP

カモシカの山 

甲斐駒ヶ岳から仙丈ヶ岳 091012_cIMG_3993
今日の仕事場は南アルプス北端部。釜無川の西にそびえる石灰岩の山、「釜無山」の山懐を歩いた。標高900mから1,900mにかけてあちこちと歩いたが、中でも1,550~1,600m付近を沢や崩壊地を越えながら巻くように往復したのは圧巻だった。1枚目は林道から撮った南アルプス、甲斐駒~仙丈ヶ岳だ。

カモシカの足跡 091012_cIMG_4028
目的はカモシカの生息域の踏査。あちこちに、鹿の足跡やフンはあるものの、カモシカはどうか・・・と思っていると、いた! と言ってもこれは足跡(2枚目中央)。残念ながら実物にはお目にかかれなかった。そのかわり鹿のご一行様からは落石のプレゼントが・・・ヾ(ーー゛

洞ヶ沢渡渉点 091012_cIMG_4039
もろい石灰岩の山は、そこら中で崩壊していて、ガラや砂利が腐植と混ざった林床は、初めて経験する独特の踏みごたえだった。岩質のおかげで、湧水は綺麗で美味しい。
3枚目は釜無川の支流で釜無山(2,116m)から流れ下る洞ヶ沢。

洞ヶ沢南尾根の樅 091012_cIMG_4042
釜無川水系による浸食は激しく、付近の山肌には緩斜面がほとんどない。どこが道だと思います? もともと、猟師さんしか通らない「踏み跡」なので、細いところは10センチほど、ここなんか斜度も緩くて楽な方。この先を巻いて下った極小ピークの三角点が今日踏んだ唯一の頂き。
登頂の喜びはなかったけれど、緊張感あふれる急斜面で、ナラ・ブナ・樅など様々な森を抜け、人跡まれな深山の涼気をたっぷり吸い込んだ満足の山行だった。
スポンサーサイト

テーマ: 今日のお仕事
ジャンル: 就職・お仕事

2009.10.12 Mon 19:51
カテゴリ: 山を歩く
comment(2) | trackback(0) | 記事編集

PAGE TOP

« うーん、う~ん!!

お待たせぇ ヽ( ´▽` )ノ »

コメント

ご無事でなにより
★あろまさん、お帰りなさい \(*^▽^*)

たしかに、お江戸の空は物差しになるものがないから、高いのか低い?のかよくわかりませんネ。

この山でも猿のご一行様を目撃しました。全然ヒト慣れしてないので近くには来ませんでしたけど、「何だアイツ・・・」って感じで様子をうかがってました。
向こうから手を出してくる個体群でなければ、かえって近くで観察できて良いんですけどねぇ。猿は道着を着てないから投げ技も使えないし・・・
【2009/10/17 08:13】
URL | kaseijin #migK7rhA[ 編集 ]
出稼ぎ終了!
+(*_*)+ おはようございます ♪~
出稼ぎでお江戸に行っていたのですが昨日帰ってきましたぁ!
お江戸は山なんて見えないけど、領内に戻って随分と空が高くなったと実感しました。

久し振りに山まで行ってみたいけど。。。またサルと喧嘩になるのはイヤだしなぁ!
これ持ってけば大丈夫かしら? ( ^_^)/~~~~~~~~~~~~~~~~え~ぃ~~~~~~~~~◎★ゴン!
【2009/10/17 06:11】
URL | あろま #-[ 編集 ]

PAGE TOP

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://fushigina87.blog22.fc2.com/tb.php/911-937ffbd6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP

 | h o m e | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。