07/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31./09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- --:--
カテゴリ: スポンサー広告
comment -- | trackback -- | 記事編集

PAGE TOP

いよいよ新政権 

いよいよ、待ちに待った日が訪れた。今日は仕事そっちのけで国会中継を見ていたい気分だ。新閣僚の発表も待ち遠しい。
このイベントをこんなに心待ちにするのは、人生で初めてのことだ

しかし、この間、報道で取り上げられる「市民の声」は、マスコミのバイアスを計算に入れても二つの点でおかしな傾向を示してきた。
第1は、政権発足前なのに、根拠もあやふやなデータを生かじりして政策に疑問を呈したことだ。最初から諦めたのか、それとも所詮は無責任な評論家に過ぎないのか? 投票した責任はどこに放り出したのか? この点については、すでに別のエントリで触れたが、今後も、チェックしていきたい。
第2は、国民新党と社民党に対するコメントだ。「いまさら弱小政党に気を遣う必要があるのか」「○○党は図に乗っているのではないか」「△△党がゴネるから時間がかかった」などの声が代表的なところだ。これはおかしいのではないか?

はたして、民主党に投票した多くの有権者は、鳩山氏に「議席が増えたから、先日の約束はナシ!」なんて言って欲しいのか? 「いまさら・・・」発言のような行動をすれば今後、民主党の言を信じるものはいないだろう。
さらに、国民新党・社民党に対する「気を遣いすぎ」だの「図に乗っている」だのの意見は、議席数を振り回して力ずくで意見を通せ、という主張なのだろうか? そのような政治に反対するスタンスが民主党の生命線ではなかっただろうか?
「時間がかかりすぎ」にいたっては、子供じみている。ようやく今日、総理大臣指名選挙だというのに、そんなに焦る必要がどこにあるのか? じっくり時間をかけて良かったし、かけるべきなのだ。土づくりに時間をかける姿勢が大輪の花を咲かせるだろう。

そもそも、こんな発言ばかり報道されたのは、マスコミが自民党支持者をピックアップしたからではないだろうか、と勘ぐってしまった。だって、それらの声は、公約を守らなくても「大したことではない」と開き直り、少数意見に耳を貸さず、数の力で全てを押し切り、政権陥落確実になっても予算執行・天下り・新庁発足を急ぐ、という自民党の姿勢そのものなんだもん。怪しいよねぇ。。。 ┐(~ー~;)┌

だから、このへんの声は聞き捨てて、新政権には信じるところを貫いて欲しい。
何はともあれ、新政権の船出にエールを送りたい。
スポンサーサイト

テーマ: このままで、いいのか日本
ジャンル: 政治・経済

2009.09.16 Wed 06:00
カテゴリ: ひとりごと
comment(0) | trackback(2) | 記事編集

PAGE TOP

« 凛然と

訴訟社会と「自己責任」 »

コメント

PAGE TOP

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://fushigina87.blog22.fc2.com/tb.php/886-8d30ce30
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

組閣、そ~来る!?

鳩山由紀夫氏が第93代内閣総理大臣に任命されました。やっぱり少し興奮します。政権交代は革命だというのも本当ですね(^_^;) 組閣も無事に完... 雪裏の梅花【2009/09/17 06:37】

「小さいもの、弱いものしか気づかない声も世の中にはある」 (by 雪どけ水さん)

  共感するところの多かった「雪裏の梅花」の雪どけ水さんの文章をまたメモします。特に共感したところを強調字体にさせていただきました... 村野瀬玲奈の秘書課広報室【2009/09/20 18:36】

PAGE TOP

 | h o m e | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。