04/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31./06

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- --:--
カテゴリ: スポンサー広告
comment -- | trackback -- | 記事編集

PAGE TOP

真意 

レ・レイー Img_2865
はじめにウェブ上でタイトルだけ見たときは、違和感があった。与謝野馨氏が記者会見でした「一党独裁」発言だ。
オイラはこの方を軽薄なことは言わない人だと思っていたので、追い込まれているとはいいながら、まさか・・・、と残念に思ったのだ。

前回大勝した自民の「やったこと」がやったことだから、「大勝させるな」というのは捨て身の自爆テロ的な効果はあって、民主党側も一瞬反論に困るだろう。
もっとも、これでブレーキが欲しいな、と思う人にも、共産党や社民党などの選択肢があるから、民主党が冷静に捌けば恐れるには足りないのだけれど・・・。

そう考えるとますます違和感があるので、nikkansports.com与謝野財務相、民主の「一党独裁」に懸念を読んでみた。

すると、発言はこういうことだった。
「自民党であれ他の政党であれ、ブレーキ役の政党が存在することが国会にとって必要だ」(「 」内引用)
いまの選挙戦については、「政策の内容比べとは別の政治姿勢と全体が問われている」(「 」内引用)

良かった・・・ε=(^。^;)
ヤケクソの自爆的放言ではなかったようだ。
「他の政党であれ・・・」「政治姿勢と・・・」という言葉には、健全な政治家の理性を感じる。
あんなヒトやこんなヒトばかりじゃ、日本の政治が絶望的だもんネ。
ただ、この方は当選しても今の自民党と同じ道を歩けるのかな、と余計な心配をしている。もしかして自ら「ブレーキ」に名乗りを挙げるのだろうか。
スポンサーサイト

テーマ: このままで、いいのか日本
ジャンル: 政治・経済

2009.08.26 Wed 07:28
カテゴリ: ひとりごと
comment(0) | trackback(0) | 記事編集

PAGE TOP

« 初めてでなつかしい

もの想う秋とイワシと選挙 »

コメント

PAGE TOP

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://fushigina87.blog22.fc2.com/tb.php/853-e8b062dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP

 | h o m e | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。