07/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31./09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- --:--
カテゴリ: スポンサー広告
comment -- | trackback -- | 記事編集

PAGE TOP

虫の知らせ? 

ヒオウギアヤメ 090720_cIMG_2362
昨日は、ある山中の寺院址の計測に行った。そこは、大きなお寺の正面に墓地が広がり、その先の斎場の奥を登ったところにある。ときおり小雨がパラつく中、汗だくでヤブ蚊に追われながら数時間働いた。

実は、一昨日も行ったのだが、家を出るときに、なんだか行くのがイヤでぐずぐずした挙げ句、全然気乗りしない状態で出かけた。行ってみたら、件のお寺の駐車場には黒タイの人たちがいてオイラ(作業服なのに)を駐車場に誘導しようとする。あちゃ~(→o←)ゞ、黙礼で謝絶しつつ奥の斎場(いつもここに車を置かせてもらってる)に向かうが・・・やっぱり・・・。
いつもは人気のない斎場が、打ち水をされ、戸口も窓も開いている。これからか、終了後かわからないけれど、故人を荼毘に付す態勢だ。まさか、こんなところに駐車できないし、そんな状況で裏山でガサガサやるのも気が引けるから撤退した。出がけの気分はこれを知らせてたんだな、って自然に納得した。

実は、山岳遭難の記録では、「出がけにぐずぐずした」「気が乗らなかった」「忘れ物・乗り遅れ」などの事例が多く、オイラは山行のときにそういう気分だったら行かないことにしている。(行かなかったこと1回、行って苦しい目にあったこと1回)
「虫の知らせ」を非科学的だと笑われるとしても、少なくとも集中できていない状態なのは事実だろう。それが事故の誘因になるのかもしれない。

蒸し暑い夏に、ちょっと涼しくなるお話でした。
スポンサーサイト

テーマ: 今日のお仕事
ジャンル: 就職・お仕事

2009.07.27 Mon 06:14
カテゴリ: ひとりごと
comment(0) | trackback(0) | 記事編集

PAGE TOP

« あれ?

内閣メルトダウンか? »

コメント

PAGE TOP

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://fushigina87.blog22.fc2.com/tb.php/814-c63d1265
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP

 | h o m e | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。