06/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31./08

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- --:--
カテゴリ: スポンサー広告
comment -- | trackback -- | 記事編集

PAGE TOP

凍霜害対策本部速報 

長野あたりでこういうタイトル付けると、本物(JAとか役場とか)と間違われるおそれがありますが、メセンの話です。昨年は入院で一番肝心な時期にデータを取れなかったので今年は気合い入りまくってます。

本日の最低気温は-5.4℃で確定。先ほど温度計をリセットし、明日に備えました。今のところ晴れているので、このままだと明日も同程度まで下がる可能性大。
今朝は、だしぬけに来た-5℃台だったため、うっかり出しっぱなしにしたものがいくつもありました。と、言っても-5℃をクリアできる可能性があるモノばかりなので悲劇的な事態ではありません。耐寒テストには早いかな、というヤツがいきなり本番を迎えてしまって心臓に悪い、といったところです。 (´ヘ`;)

写真は、出しっぱなしのトレーの一枚。ケイリドプシス属は1・2種を除いてこの温度帯には自信あり、だったんですが、うっかりお供にアルギロを付けてしまいました。うわ~~・・・っと、だいたい予備があるし・・・なにより顔が平気だね、こりゃ良かった。
中央のM127aは「氷嶺(C.denticulata)」で、この温度帯は実証済みですが、2日前に植え替えたため、用土が凍って盛り上がってます。その点だけ心配。
その右斜め後方ケイリドプシスらしからぬ緑色は「晩光(C.cuprea)」です。これはこのトレーで一番心配な種。午後になって透明になっていればアウトですが・・・今のところ目視では凍死が判別できません。
この瞬間、このトレーのものはどれもこれも完全に凍っています。氷嶺など、もし葉をつまんで力を入れれば簡単にパキッと折れてしまうでしょう。

そんなこんなで、昨夜はトレー6枚が外で過ごしました。コノフィツムとオフタルモも、出ていた分は全部カチカチでした。結果が出るまで2・3日はドキドキです。
メセン類の耐寒実験は、毎冬少しずつ進めているプロジェクトなので、順次続報をアップします。


スポンサーサイト
2008.01.02 Wed 17:32
カテゴリ: 栽培日誌&研究データ
comment(0) | trackback(0) | 記事編集

PAGE TOP

« 目薬

プロファイリング »

コメント

PAGE TOP

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://fushigina87.blog22.fc2.com/tb.php/627-ff51f95f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP

 | h o m e | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。