05/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30./07

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- --:--
カテゴリ: スポンサー広告
comment -- | trackback -- | 記事編集

PAGE TOP

「茜」の妹は・・・ 

「茜」の姉妹株(C. speciosa)が咲いた。どうも、この姉妹は花弁の先が少々よじれるようだ。「茜」が長女なら、これは四女になる。三女は未開花なので、「姉より背が高い妹の図」だ。
「次女」は「橙」と表現するのがふさわしい花色だったが、この妹君はきわめて長女に近い。ただ、今回は二つ咲いたので、咲きたての「橙がかった赤色」から、花期後半に黄色みが抜けて紅が深くなる様子がわかった(1枚目 左→右)。「茜」のときは鮮烈さに目を奪われてこの変化に気がつかなかったか、変化しなかったかもしれない。




花形面では、「茜」と違って平開していないが、これは曇天続きの影響も考えられる。もう一つ、先に咲いた花(2枚目)は、時計回り方向にわずかに巻きはじめているかもしれない。ただし、これは花弁のヨレと入りまじって定かではない。
こりゃ、早いとこ姉君にもまた咲いて頂かなくちゃ! というわけで、この個体が「長女」と一卵性双生児と言えるほど似ているかどうかは、来秋以降に持ち越し。




困ったのは名前だ。「茜」は個体名なので別個体には使えないし、かといって、この妹が名無しというのもかわいそう。だって、ウチの呼び方に従えば、この娘は「Cheiridopsis speciosa M-238d」という機械のような名前。まぁ、「次女」は「M-238b」のままだから仕方ないかもしれないが、人間の娘なら「私はお下がりばっかり・・・」と口を尖らせるところだ。なにか茜の妹らしい名前はないものか・・・姉がアカなら妹は「葵」とか「碧」とか・・・(。_・☆\


スポンサーサイト
2007.12.18 Tue 06:50
カテゴリ: 花を愛でる
comment(0) | trackback(0) | 記事編集

PAGE TOP

« 仲間か?

ほっと・・・ »

コメント

PAGE TOP

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://fushigina87.blog22.fc2.com/tb.php/604-38afc15d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP

 | h o m e | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。