07/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31./09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- --:--
カテゴリ: スポンサー広告
comment -- | trackback -- | 記事編集

PAGE TOP

卒業検定? 

先週の火曜にメセンの種まきをした。3センチ角のビニポットとフィルムケースで、のべ114種の種蒔きだった。

実はこれが、この1年ほど「苦手」にしてきた作業だった。前半は回復途上で片眼がよく見えないからで、後半は回復しすぎて、やっぱり片眼がよく見えない(眼鏡が合わない)からだった。
なにしろ、片眼ではガラがどの程度入っているかが感覚でつかめない(イチイチ、鉢の内壁の何%くらい埋まったか目測する状態だと思ってください)ので、ひとつひとつの作業がぎこちなくなる。細かいものほどダメなので、コノフィツムの皮むきもこの秋は省略した。 <両目が見えてもロクにやんないくせに!(娘たち)

そんなわけで、芥子粒より細かいメセンの種ときたら最悪の仕事なのだが・・・やはり両目は立体感が違う。楽だ!
2週間で左右の眼もようやくチームプレーに慣れ、「ピント合わせ時間」はどんどん減っている。どうやら卒業検定は合格らしい。イヤ待て、まだ実生苗の植え替えってヤツがある。そっちは免許試験か?




ともあれ、今回播いたのは、アルギロデルマ属が十数種類、ケイリドプシス属とケファロフィルム属が十種類くらいずつなど、あいかわらず美花種のオンパレード。
ただ、今回の播種にはいくつか別の目的もある。播き床を替えてみたのだ。いままでは赤玉土を表土に使ったけど、今回は鹿沼土の細粒を使ってみた。根が土中に入りにくいのが気になって、表土を大粒にしようと思い立ったのだ。心配なのはPHで、酸性でもいい結果が出るかどうかがカギになりそう。とりあえず9日朝の段階で2枚目のような感じなので、悪くない感触だ。
もう一つの目的は、海外の学名種と国内の和名種をじっくり同定してみることだ。大混乱のアルギロやトリコディアデマが中心テーマだ。結果は2~3年後になるだろうけど、「本館」にまとめていくつもり。それにしても延び延びの開館はいつになるのか・・・まぁ、あせらず楽しみながらいきましょう。




スポンサーサイト
2007.12.09 Sun 17:27
カテゴリ: 栽培日誌&研究データ
comment(0) | trackback(0) | 記事編集

PAGE TOP

« 名前のはなし その1

ウズウズ »

コメント

PAGE TOP

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://fushigina87.blog22.fc2.com/tb.php/582-b120f48e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP

 | h o m e | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。