07/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31./09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- --:--
カテゴリ: スポンサー広告
comment -- | trackback -- | 記事編集

PAGE TOP

温故知新の一日 

ひさしぶりのオフ。前から予定していた佐久詣。いうまでもなく、最大の目的地は臼田清花園さんだ。

1枚目の写真が火星人のお目当て。これを見て、ズバリ正解の方は、なかなかの好事家。いまではほとんど流通しなくなってしまった「カニバサボテン」だ。以前から棚下に放置されているのを狙っていた。

Schlumbergera属なのは間違いないが、bridgesii系かrusselliana系かは花色を見ないとわからない。早速、挿木&植え替えで来春を待つことに。




一方、2枚目は、毎度まいど妙なものばかり引っ張り出す火星人を驚かせてやろうと、臼田さん選りすぐりの一品。ケンシチア属の「千歳菊(Kensitia pillansii)」だ。とても変わった花で、いつか育ててみたいと思っていたものだけに、「これ、知ってるだろ?」と言われて、一瞬絶句した。とんでもないモノを出してくる。生まれて初めて実物を見た。花も咲いていたので紛れもない千歳菊だ。コレこそまさに、「不思議な花のあるテラス」の看板にふさわしいメセン。いただいた株はまだ小さいので、さっそく植えて、来年今ごろの開花を目指すことに。

虎視眈々とねらっていた一品と、思いがけない一品で、文字通り温故知新の一日となった。



スポンサーサイト
2007.06.11 Mon 19:02
カテゴリ: 栽培日誌&研究データ
comment(0) | trackback(0) | 記事編集

PAGE TOP

« シンメトリック

「紫の上」の脱皮 »

コメント

PAGE TOP

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://fushigina87.blog22.fc2.com/tb.php/475-3c8a8a83
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP

 | h o m e | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。