09/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31./11

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- --:--
カテゴリ: スポンサー広告
comment -- | trackback -- | 記事編集

PAGE TOP

再生 

2月の中ごろ、知人の温室から、かれこれ十年くらい放置されているという「薫波菊(大鮫:G.velutinum)」をもらってきた。スゴいことになっていたのに加え、たまたま持っていなかったため、即座に連れ帰ることにしたのだ。

連れてきて、根の土を完全に落としてバラバラにし、ネジラミを駆除したうえで植えたり挿したりした。落ち着いた頃の写真が1枚目。お疲れのご様子です。




最近の写真が2枚目。ゲンキンなもので、オイラの目は、ほんのわずかでも水が上がると分かる。たとえシワが寄っていても、生気が感じられるのだ(よく言えば鋭い観察力、悪く言えば欲目)。でも、コレはコレで植物が「動く」様子がけっこう面白かったりもする。 (^^ゞ
ところで、この写真はそれどころではなく、はっきりと張りが出てきている(化粧品のCMか?)。蕾も動きだし、このままなら咲くと見込んでいる。

こうやって見てみると、あらためてメセンの強さがしみじみ感じられる。




スポンサーサイト
2007.05.12 Sat 06:42
カテゴリ: 栽培日誌&研究データ
comment(0) | trackback(0) | 記事編集

PAGE TOP

« 百花繚乱

快調 »

コメント

PAGE TOP

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://fushigina87.blog22.fc2.com/tb.php/398-9182d30f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP

 | h o m e | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。