09/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31./11

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- --:--
カテゴリ: スポンサー広告
comment -- | trackback -- | 記事編集

PAGE TOP

スペキオーサその後 

1227Ba スペキオサ赤_6
真っ赤なスペキオーサは、花弁の先が乾燥して傷み始めてしまい、今年は完全な開花はペケでした。一番頑張った状態で撮ったのが1枚目の写真。

ところで、この株の兄弟株?にも花が付きました(2枚目)。「?」が付くのは、私が播種したものではないからで、メサガーデンから輸入されて私のもとまで来る過程で、挿木された可能性も否定できないからです。
ただ、花は赤というより、濃いオレンジ。

1227Bb スペキオーサ橙_6
これで、少しわかってきたことは以下の通りです。
1)スペキオサには「オレンジ系」を発色する系統が間違いなく存在する。
2)二つの株がクローンでないなら、最初に咲いたものは、とりわけ濃赤色だといえる。
3)二つの株がクローンなら、栽培環境(先に咲いた方が低温の管理だった)で花色に差が出た可能性や、枝変りの可能性がある。

3株目にも蕾があるので、これが咲けばさらに詳しいことがわかるかも知れません。
スポンサーサイト
2006.12.27 Wed 21:14
カテゴリ: 栽培日誌&研究データ
comment(0) | trackback(0) | 記事編集

PAGE TOP

« 和洋の「松」

仕事納め »

コメント

PAGE TOP

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://fushigina87.blog22.fc2.com/tb.php/235-780ded23
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP

 | h o m e | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。