07/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31./09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- --:--
カテゴリ: スポンサー広告
comment -- | trackback -- | 記事編集

PAGE TOP

カメラの眼 

翡翠鉾_6
写真は小灌木になるメセンで、アンチミマ(Antimima)属の翡翠鉾(A. dualis)という植物です。別名は「白寿殿」というそうです。蕾があがってきました。
独特の肌色を見ると、二つの和名のいずれにも「なるほど~」とうなずきたくなります。ちなみに、後ろに写ってる緑の葉は花蔓草(Aptenia cordifolia)といいまして、メセンでは数少ない広葉の種で、色のとりあわせが面白いです。

ところで、この植物、てっきりアルギロデルマ属のような艶肌だと思いこんでいましたが、あらためて撮影してビックリ! 非常に細かな顆粒状のザラつきがあるのでした。しかも、その顆粒が独特の白い色を醸し出しているんですね。
恥ずかしながら、いままで栽培していながら、今回の撮影まで気づきませんでした。あらためてカメラの眼は怖い、と思い知りました。

スポンサーサイト
2006.11.21 Tue 18:35
カテゴリ: 写真を撮る
comment(0) | trackback(0) | 記事編集

PAGE TOP

« ネタに困って 槍ヶ岳裏街道

生命の神秘 »

コメント

PAGE TOP

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://fushigina87.blog22.fc2.com/tb.php/180-f47c5a41
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP

 | h o m e | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。