07/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31./09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- --:--
カテゴリ: スポンサー広告
comment -- | trackback -- | 記事編集

PAGE TOP

存在の耐えられない軽さ 

この夏、オイラの脳血管を損傷したコトバの数々。あらためて書き出してみると耐えられないほどの「言葉の軽さ」が浮かび上がる。あまりの損傷の激しさに、古いのは結構忘れちゃったケド、このところ急速に劣化している気がする。(^^ゞ 「猿が逃げた~~!!」(某局男性アナ):絶叫するか? 猿はもともと『去る』じゃ(火星人) 「消費者がやかましいから」(某大臣):あらら、オイラのことか?(火星人) 「アナタとは違うんです!」(某国首相):ご一緒したくないケド・・・対アジア路線期待したのに・・・とりあえず補正予算なんとかしてや!(火星人) 「クソ教育委員会」(某知事):語彙乏しい・・・てか、子供の表現(火星人) 「本人がやってないと言ってる以上、信じるのが親」(某部屋親方):叱るのも親だったりして(火星人) 「チョ~嬉しい」「霞ヶ関をぶっ壊す!」(某政党総裁候補):・・・・総裁と言うより相殺かも(火星人) 「万死に値する・・・中略・・・○○氏に教唆された」(某社社長):??結局だれの責任ナン?(火星人) テレビ放送に合わせたワンフレーズ化する政治家、都合の良いフレーズだけトリミングするテレビ局、その一言だけで責任追及する市民の螺旋降下なんじゃないだろうか。写真はニゲラ。わが心のトゲトゲに似てるかも?
スポンサーサイト
2008.09.15 Mon 17:34
カテゴリ:
comment(0) | trackback(0) | 記事編集

PAGE TOP

« 大阪の物価

気品 »

コメント

PAGE TOP

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://fushigina87.blog22.fc2.com/tb.php/124-087df0a6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP

 | h o m e | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。