05/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30./07

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- --:--
カテゴリ: スポンサー広告
comment -- | trackback -- | 記事編集

PAGE TOP

君の名は 

F マーガレット・コスモス 120329_cIMG_2347
ご無沙汰しました。
チト、恐怖の人間ドックに泊まりがけで行っておりましたが、無事に無罪放免となりました。
不届きな同僚たちは、口々に「ありえね~!」などと申しておりましたが、それは、日頃の運動量のなすわざでありましょう。( ̄∇ ̄)v
仕事の現場が山ばっかなんですから(笑)

んで、帰りがけに見かけたこのヒトが、今日のテーマ。仕事柄、変なものを見るとたちまち惹かれてしまいます。
見たところキク科の外来種です。葉っぱはマーガレットの葉が丸みを帯びたような感じで、木本類のような立派な幹?をしています。
・・・って、それ絞り込み条件になるんかっ?
だいたい、キク科の外来種なんて、セイヨウタンポポからはじまって、セイタカアワダチソウだのオオキンケイギクだの、どうにも凶暴?そうなヤツがたくさんいる・・・。おまけに花色は黄色だなんて、なんの足しにもなりゃしない。ググってみても膨大な「特定外来生物情報」が現れるだけ。(笑)

幸い、「木本」が功を奏して、なんとか答えにたどり着いたようです。
名前は通称「マーガレット・コスモス」、ネット上では学名が2・3通り言われているのですが(笑)、この写真の個体については Steirodiscus euryopoides を採りましょう。ネット上では有力な対抗馬?に「ユリオプス属」があります。ステイロディスクス属もユリオプス属も南アフリカ産なので、耐乾性は強いはずですが、後者の茎や葉の表面は銀白色になるようですから、これは除外して良いでしょう。もっとも、園芸植物として導入されたんでしょうから、本当に「マーガレット・コスモス」の名で属を越えた複数種が導入された可能性も大いにあるでしょう。ネット上で錯綜している情報も、そのあたりが原因かもしれません。

スポンサーサイト

テーマ: 花と生活
ジャンル: 趣味・実用

2012.03.29 Thu 05:30
カテゴリ: 花を愛でる
comment(0) | trackback(0) | 記事編集

PAGE TOP

« へんなの(失礼)

らぞく »

コメント

PAGE TOP

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://fushigina87.blog22.fc2.com/tb.php/1208-fbada576
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP

 | h o m e | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。