06/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31./08

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- --:--
カテゴリ: スポンサー広告
comment -- | trackback -- | 記事編集

PAGE TOP

らぞく 

蘭 Yonezawara Blue Star 拡大 071114_IMG_4488
~本日2つめのエントリです~
「らぞく」と聞くと、「裸族」を想像してドキッとしちゃう人はだーれだ?(笑)
蘭の「ラ属」ってのは、属名が「-ara」で終わる人々のこと。これは、3属以上の交配で作り出された人工属に用いられる。でも、ホントは「アラ属」と言うべきなのかもしれない。

んで、ウチにはヨネザワアラ属の「ブルースター(Yonezawaara  ' Blue Star ')」とダーウィアラ属の「 チャーム 'ブルームーン'(Darwiara  Charm ' Blue Moon ')」がいる。
写真は「ブルースター」の方で、バンダ属の「血」が50%のため、青が鮮やかな代わりに、フウラン属の血は25%しか引いていないので香りはやや弱い。とは言え、バニラ系の甘い香りがちゃんと漂うから嬉しい。

もう一つの「ブルームーン」は直接の親の一方がフウランで、もう一方がリンコスティリス属・バンダ属・アスコセントラム属の血を引く交配種なのだそうだ。リンコも香りのある属なので、「ブルームーン」の場合は有香種の血が8分の5を占めている。だから、こちらは香りがとっても良い。

前のエントリに書いたように、フウランの交配種は東洋蘭ファンからは「雑種」扱いされてしまうけれど、この青い「月と星」は、それぞれに良いところがあって、オイラのお気に入りなのだ。

スポンサーサイト

テーマ: ***ベランダガーデニング
ジャンル: 趣味・実用

2012.03.25 Sun 21:07
カテゴリ: 眠れる森の美女たち
comment(0) | trackback(0) | 記事編集

PAGE TOP

« 君の名は

いんぐりっしゅ »

コメント

PAGE TOP

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://fushigina87.blog22.fc2.com/tb.php/1207-e653d315
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP

 | h o m e | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。