03/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30./05

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- --:--
カテゴリ: スポンサー広告
comment -- | trackback -- | 記事編集

PAGE TOP

いんぐりっしゅ 

蘭 Ascofineatia Peaches 植え替え後 120325_cIMG_2340
知恵熱が出そうだ・・・
先日、ウチにやってきた新顔の蘭子さんを植え替えたからだ。付いてきた名札によれば、その名は「ピーチェス」。横文字では「Ascofineatia ' Peaches ')」とある。
こりゃ変だ!
オレンジ色を帯びたピンク色(ん?逆か?)の花を咲かせる交配種だから「peach(桃)」と名付けるのはごく自然のこと。だから、peachの複数形が園芸名になったのだろう。そうすると、発音も「ピーチ」の複数形じゃなくっちゃ!

そこで、オイラは困った・・・ヾ(;´▽`A``
「ピーチェス」のラベルはイヤだから書き直すんだけど、、、peachの複数形って「ズ」だっけ? それとも「ス」だったかな・・・?
うーん、うーん・・・ /(ー’`ー;)\(横文字で書けばいいのにこだわる・・・)
そしたら、最近は便利で、発音を聞かせてくれるサイトを発見。peachの複数形の発音は濁音だった。ε=( ̄。 ̄;)
このところ横文字にご無沙汰(特に会話)してるから、もうこれだけで知恵熱出ちゃうよ。

ちなみに、アスコフィネチアは Ascocentrum x Neofinetia(フウラン)で生まれた人工属で、1961年に初登録されたのだそうだ。アレコレ調べてみても、この書き方に準じたものが大半なので、どうやらフウランが父ということらしい。(9種全てがそうなのかは不明)
洋蘭界では交配は完全に市民権を得ているから、「人工属」なるものがどんどんできちゃうけど、東洋蘭界はかなりの「原種主義」で、そのせいかフウランの交配種はどうも魅力の割にはないがしろにされていて、情報も少ない。

まだ生で見たことはないんだけど、花形はフウランに似て、花色はネクタリンの果肉の色に似た美しいオレンジ&ピンク。残念ながら香りはないのだそうだ。ウチの蘭子さんたちは基本的に香りがあって、もし全部咲けば一年中何かが咲いて香ってるというメンバー構成なので、香りがないのにウチに来るヒトはきわめつけの美人さん。早く咲いてくれないかな~ o(^∇^)o

スポンサーサイト

テーマ: ***ベランダガーデニング
ジャンル: 趣味・実用

2012.03.25 Sun 16:48
カテゴリ: 眠れる森の美女たち
comment(0) | trackback(0) | 記事編集

PAGE TOP

« らぞく

チョットひと息 »

コメント

PAGE TOP

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://fushigina87.blog22.fc2.com/tb.php/1206-caa286d4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP

 | h o m e | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。