07/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31./09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- --:--
カテゴリ: スポンサー広告
comment -- | trackback -- | 記事編集

PAGE TOP

おしゃれっ娘 

風蘭 茜富士 水上がる 120320_cIMG_2043
先日来の灌水で水が上がってきて、写真を撮って欲しそうな顔をしてる蘭子さんが増えてきたのでパチリ。

春のモードセレクション、最初のモデルは「茜富士(Neofinetia falcata ' Akane-Fuji ')」。蘭界では「散斑」に分類される(それは事実)けど、白や黄色に完全に抜けない「海苔斑」が好きなオイラは、そっちを力説したいのだ(超少数派)! 微妙な淡緑色が綺麗でしょ?

このヒトはちょっとミステリアスで、その出自をオイラはいまだに知らない。登録情報はないようだけど、ずいぶんお洒落なので、古典種の実生選抜なのかな、と想像している(だったら「N. falcata cv.」かな?)。株が充実して来たので、この夏は花にもお目にかかれるかもしれない。フウラン属の花といえば、なんともいえない香りがしてお気に入りなのだけれど、あれは「すっきりしたバニラ」だとかねがね思っていた。元々、バニラだって蘭なんだから、似たような香りがあっても不思議はないと思って、それ以上追究しなかったんだけど、そんなことを書いて古典園芸ファンに笑われたらイヤだからググってみた。

ふーむ・・・ 同じラン科でも、フウラン属はバニラ属とはわりと離れてる感じ。むしろ、「セッコク亜科」に属するという意味では、デンドロビウム属(日本産は「石斛」)の方が近いようだ。おまけに、フウラン属がバニラの香りの主成分「バニリン」を含有しているというデータも、ざっと見たところでは発見できなかった。ただ、オイラと似たような感じ方をする人も珍しくないみたいで、「フウラン+バニラ」で検索したらブログ記事などがざくざく見つかった。ちょっと安心。
この続きは、フウランの咲く夏の宵にでも、あらためて・・・ ( ^。^)ノ

スポンサーサイト

テーマ: 花と生活
ジャンル: 趣味・実用

2012.03.21 Wed 04:36
カテゴリ: バニラな人々
comment(0) | trackback(0) | 記事編集

PAGE TOP

« すましっ娘

朝ごはん! »

コメント

PAGE TOP

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://fushigina87.blog22.fc2.com/tb.php/1202-315cedff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP

 | h o m e | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。