04/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31./06

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- --:--
カテゴリ: スポンサー広告
comment -- | trackback -- | 記事編集

PAGE TOP

総理の視察と原子炉「爆発」の闇 

樹 シラカンバ 霧氷か 101107_cIMG_5152
まぁ、闇と言ってもいわゆる「陰謀論」的なことを書きたいわけではなく、素朴な疑問と自分なりの見通しを少し書きます。

真偽はともかく、世上では「菅総理の原発視察が原子炉内の圧力を逃がす作業(ベント)を遅らせたから爆発した」とかまびすしい。しかし、オイラはこの意見に素朴な疑問を感じざるを得ない。(オイラ、菅さんを擁護する気なんかこれっぽっちもありません、念のため)
もし、それが事実だとすれば、「爆発」したのは原子炉格納容器でなければならない。だって、ベントは格納容器の圧力を逃がすためなんだから、手遅れで爆発するのは「格納容器」に決まってる。しかし、東電も保安員もメディアも、原子炉建屋が爆発したって声高に主張している。

賢明な読者の皆さんも気づいていると思うけれど、この説明と「ベント遅れ」とは相性が良くない。ベントで格納容器から出た水素混じりの気体が建屋を爆発させたのなら、その原因は「ベント開始の遅れ」とは言えないだろう。
だから、「ベント遅れ」を指摘する人々は、「破損の規模はともかく、格納容器はすでに水素爆発で破れている」と言わなければならないはずなのに、彼らは言わないのだ。

東電や保安員は一貫して「建屋爆発・遅れナシ」論で、「ベント遅れ」論は政府への批判なので、どうしても野党議員などに多い。しかし、野党とはいえ、国会議員であれば、原発の破損状況を一般の国民よりも知り得る立場にあるはずだ。その彼らが、「遅れ」だけは言うのに「格納容器爆発」は言わないのはなぜだろうか?

政権攻撃のために、論理矛盾を無視して「ベント遅れ」を言い立てているなら、情けない連中だけれど、我々国民ははまだ幸せだ。恐いのは、与野党ともに「格納容器爆発」を公にするのがあまりにも恐ろしくて言うに言えない、、、という状況だ。この場合、東電と保安員は真っ赤なウソを言い、野党議員も「ベント遅れ」までは言ったけど、その先でビビッていることになる。
前者であることを切に願うオイラなのだった。

【註】原発がらみの話題には、抗議の意をこめて、四季折々の美しい日本の自然の写真を添えていきますので、ご了承くださいネ。
スポンサーサイト

テーマ: これでいいのか日本
ジャンル: 政治・経済

2011.04.26 Tue 06:05
カテゴリ: ひとりごと
comment(0) | trackback(0) | 記事編集

PAGE TOP

« 統一地方選の結果は原発を肯定したのか?

復活! »

コメント

PAGE TOP

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://fushigina87.blog22.fc2.com/tb.php/1148-caf70277
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP

 | h o m e | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。