06/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31./08

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- --:--
カテゴリ: スポンサー広告
comment -- | trackback -- | 記事編集

PAGE TOP

天翔る龍 

樹 小野のシダレグリ自生地 枯損木の枝振り 100924_cIMG_3218
この姿を見ると、オイラはいつもタイトルのような言葉や稲妻なんかが脳裏に浮かぶ。

正体は、推定樹齢数百年のシダレグリの枝を下から見上げたもの。
とんでもない時間を生き、そして枯れた後も悠久の歴史を物語る姿を数十年は残し続けるだろう。

B 小野のシダレグリ 毬栗 100924_cIMG_3211
自生地では自然更新がちゃんと進んでいるので、ごらんのような実を付ける若木(といっても推定樹齢100年くらい)もある。
江戸時代の人々は、この木の生える場所をよく知っていて「天狗の栗」と呼んで播種の実験したりしてたことが文献からわかる。
人と樹木の関わりの歴史を物語る金曜日の仕事場でした。

スポンサーサイト

テーマ: 仕事日記
ジャンル: 就職・お仕事

2010.09.29 Wed 06:13
カテゴリ: 生命をみつめる
comment(2) | trackback(0) | 記事編集

PAGE TOP

« 赤い朝顔

秋の山 ~花編~ »

コメント

キリンかぁ
★あろまさん、おはようございます\(⌒0⌒)

なるほど、麒麟て漢字で書くと、このシルエットに合いますねぇ。
この毬はなかなか痛いですよ~、毬藻になるかなぁ。どっちも天然記念物ですけど(笑)
【2010/09/30 06:42】
URL | kaseijin #LXX03vrw[ 編集 ]
脱げんに膨らむ想像力
+(*_*)+ おはようございます ♪~
確かにそんな感じですねぇ。 あと麒麟にも見えそう。
この栗のイガを水につけておくとマリモになるのかなぁ? (^_^;)v
【2010/09/30 05:26】
URL | あろま #-[ 編集 ]

PAGE TOP

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://fushigina87.blog22.fc2.com/tb.php/1112-f0771311
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP

 | h o m e | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。