04/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31./06

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- --:--
カテゴリ: スポンサー広告
comment -- | trackback -- | 記事編集

PAGE TOP

祈りの地 

歴 牛伏寺 堂平 平場と石組 100509_cIMG_8919
5月9日に訪れた信仰遺跡。現存する寺院背後の山中にある「堂平」という地名を手がかりに発掘に取り組む。
現地を訪れてみると、、、あるある。日頃このテの地形観察ばかりやってるオイラの目には山中に広がる多数の人工地形が飛び込んできた。1枚目の写真にも、左手に一段(人が立っているところ)、その右奥に一段の平場が写っている。しかも、平場造成のための石組や上り下りのための石段とおぼしき石列まで露出しているではないか~!! \(*T▽T*)/

歴 牛伏寺 堂平 石切丁場 100509_cIMG_8941
2枚目の写真は、「道じゃないし堀でもないし、明らかに人工だけど変だなぁ」と思っていたら、同行した地質の先生が「採石場ではないか」と言う。遺構に使われた石が明らかに人工的に掘り出されたものなので、近くで採石していても不思議はなく、縄文時代の黒曜石採掘遺跡とよく似た構造で採石に合理的だとのこと。ふ~ん、オイラ織豊期より前の石切場を見たことがなかったから、これは勉強になった。

F フデリンドウ 100509_cIMG_8947
古代~中世の寺院と関連施設がそっくり山中に広がっている光景が頭に浮かんで、急斜面の現場を飛び回ってしまった。実際、この後の発掘では凄いものが出てきた。
まぁ、しかし、いい歳こいた男ドモが山の中でこんな地形を見て興奮してるってのもどんなものかねぇ。。。
お口直しに、現場で見つけたフデリンドウを一枚どうぞ。
スポンサーサイト

テーマ: 宗教
ジャンル: 学問・文化・芸術

2010.05.17 Mon 06:35
カテゴリ: 遺跡や史跡を歩く
comment(0) | trackback(0) | 記事編集

PAGE TOP

« 椿を見て考えた

神々の山 »

コメント

PAGE TOP

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://fushigina87.blog22.fc2.com/tb.php/1077-cf3ba6c1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP

 | h o m e | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。