07/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31./09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- --:--
カテゴリ: スポンサー広告
comment -- | trackback -- | 記事編集

PAGE TOP

びっくり!! 

昨日は出張先で遅くなり、予定外でドンキホーテが驚いてるようなお店に入って夕飯を食べた。このお店に入るのは初めてだった。

仕事帰りだったので、オーダーしてから待つ間、手持ちぶさただった。メニューの一枚を手にとってひっくり返すと、、、箸や皿から肉やお米、珈琲まで健康と安全を考えた生産をしていることがわかった。

へぇ~、、、ファミレス(とはちょっと違うけど)みたいなお店で、ここまでの配慮を売り物にするお店って少ないんじゃない?
・・・と、感心して帰ってきた。(ちょっとだけ心が痛かったのは、「日当たりと風通しの良い部屋で育てている」という豚さんの話で、「あぁ、やっぱり命を奪って食べてるんだよな」と思ったこと)

だけど、家に帰ってから気がついた。(・_・?) だったら、最近の食中毒のニュースはなんだったんだろう?
それで思い出したのは、「○○○出来ました」とかって電子音が響いていた厨房。アレって、運び込まれた材料(それも加工済み)を決められた機械に放り込めば、タイマーが調理を管理してくれるってシステムじゃないだろうか。
だとすると、原料生産の場では農家の方々の神経が行き届いているのに、調理の場では機械任せってことだろう。たとえば、焼く前のハンバーグに条件の違いがあっても、「料理人の目」がそれを見て取って焼き加減を補正することはできない。

そのことが、「食中毒」と関連するかどうか分からないけど、原料生産段階と調理の段階とに落差があるような不思議な違和感が残った。
スポンサーサイト
2010.02.18 Thu 06:34
カテゴリ: 生命をみつめる
comment(0) | trackback(0) | 記事編集

PAGE TOP

« コラボかパクリか?

雪と光の祭典 その2 »

コメント

PAGE TOP

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://fushigina87.blog22.fc2.com/tb.php/1038-04bd49c1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP

 | h o m e | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。