02/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31./04

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- --:--
カテゴリ: スポンサー広告
comment -- | trackback -- | 記事編集

PAGE TOP

今月の花 ~弥生~ (日々の記事は下にあります) 

F ロウバイ 130301_cIMG_0474
【修復】2007年1月13日まで完了
急に暖かくなったなぁと思ったら、秋田では風だか雪だかの影響で新幹線が脱線したりして、なんだか得体の知れない季節の変わり目を迎えている今日この頃ですが、皆さまお元気でしょうか。

初めてお越しの皆様も、いつもおいで下さる皆様も、ありがとうございます。今月もどうぞよろしくお願いします。

さて、「今月の花」は「ロウバイ(Chimonanthus praecox )」です。園芸的には、たぶん「素心蝋梅」でいいんじゃないかと思うけれど、オイラはこの種には詳しくないのでご勘弁。
早春に、良い香りの花を咲かせてくれるので、オイラの好きな春の花だ。写真は3月1日に撮ったもので、2月後半から急にドカドカ降雪があった長野も、結局はいつもの年と変わらずに(というか、植物の動きはやや早いと思う)春を迎えるようだ。

あいもかわらず、花の話ですが、宜しくおつきあい下さい。日々の記事に付けにくいコメントはこのエントリにどうぞ。

壁紙提供機能は「@START!壁紙館」にシェアしてます。投稿してある場合、エントリの末尾に 壁紙アリ! →@START!壁紙館 というリンクがあります。もし、、、ものの弾みでリンクのないエントリの写真がほしいなんていう気の迷いが生じたときは(笑)、コメントで「投稿してみろ」と書いてください。善処します。

スポンサーサイト

テーマ: お知らせ
ジャンル: ブログ

2013.03.31 Sun 23:58
カテゴリ: 今月の掲示板
comment(0) | trackback(0) | 記事編集

PAGE TOP

富山の美味 その1 

食 きせつ御膳「蛍」 富山市 松や 130312_cIMG_0635
先日、昼時に富山駅に降り立ち、さて、何を食べようかと思ったけれど、、、富山って意外に観光地風じゃないのだった。(あくまで通りすがりの部外者の第一感です)
んで、ようやく見つけた(チトお高そうな)料理屋さんでは、お値打ちランチが地元のオバサマたちに奪われて品切れ。オバサマ族の大群に大わらわなのか、お店の接客もイマイチ、、、うーむ。( ̄Λ ̄)ゞ
しかし、やむを得ず頼んだ「きせつ御膳『蛍』」、これがヒットだった。

食 ホタルイカの天麩羅 富山市 松や 130312_cIMG_0638
この時期、富山と言えば漁期も終わりに近いホタルイカがお約束。1枚目の写真にある酢味噌で頂くお造りも美味しかったけど、なんと言っても「驚愕の美味」は天麩羅。オイラは初めてだったので、あまりの旨さにニンマリしてしまった。
そりゃそうだよね。一口サイズの天麩羅に、イカの身の旨味はもちろん、肝の旨さまでセットで詰め込んでいるんだもん。不思議なことに、刺身や茹でたものでは淡泊に感じる「イカの身の味」が天麩羅だと強く出ていて、そこに肝の旨味が絡むのだから、これはもう・・・(ヘ。ヘ)
たった3匹しかなかったのが悔やまれるなぁ。ヾ(;´▽`A``

最後にデザートで和風のプリン(だと思う)が出てきたのがまた美味しくて、それまでの苦難の道のり?をいっぺんで忘れてしまった。

テーマ: 和食
ジャンル: グルメ

2013.03.24 Sun 21:00
カテゴリ: 食べる&飲む(満腹編)
comment(0) | trackback(0) | 記事編集

PAGE TOP

ふしぎ 

wonder 富山駅地下通路 自転車を転がす 130312_cIMG_0639
写真は、先日、富山駅の地下道で見つけたもの。
もしかして、富山では自転車を押すことを「転がす」と言うのか?、と思ったけど、通りすがりの人に確かめてみる勇気は無かった。ヾ(;´▽`A``

今日は一日、机に向かわねばならないので、ひとまずこれで。(^_^)ノ""""

テーマ: 気になること・もの
ジャンル:

2013.03.23 Sat 11:00
カテゴリ: まちを歩く
comment(0) | trackback(0) | 記事編集

PAGE TOP

本性は? 

蘭 糸蘭白花 開花 130309_cIMG_0524
十日ほど前に、初めて「糸蘭白花(Cymbidium goeringii subsp. goeringii var. formosanum )」が咲いた。ご覧のように副弁が反って、正面から見たらネコの耳のように立っている。ちょっと意外な花形で、こんなものなのかなぁ・・・と驚いた。画像を検索してみると、さすがにこれは本来の形ではないようだけど、副弁の先端が反り加減のものは散見されたので、本来持っている性質なのかもしれない。ただ、「糸蘭白花」というのは、一華や九華の銘品と違って特定の個体を指すものかどうかよくわからず、検索した画像からも多少の花形のゆらぎが感じられた。

そもそも「糸蘭」というのは分類上もはっきりしない種で、冒頭では、ひとまず無難な Cymbidium goeringii subsp. goeringii var. formosanum にしておいたけれど、これだと葉幅の広い「台湾春蘭」と区別がつかない。自生地の標高もより高いようなので、昔使われていた "gracillimum" を使って、Cymbidium goeringii subsp. goeringii var. formosanum forma gracillimum とでもすれば良いのではないかな~、などと思っている。

唇弁の白さはさすがという感じなので、来年は副弁が抱えた形にキリッと咲かせたい。d(^_^o)

テーマ: 園芸
ジャンル: 趣味・実用

2013.03.21 Thu 07:00
カテゴリ: 幽谷佳人
comment(0) | trackback(0) | 記事編集

PAGE TOP

こんなものなのかな・・・? 

蕙 白簾 新木の葉 130203_cIMG_0302
たまには植物の話をせねば、、、というわけで、今日の一枚は先日お嫁に来た蕙蘭の「白簾(Cymbidium ensifolium ' Gyochinran ')」。
蕙蘭は中国から西南日本が原産とされる一群の蘭で、このヒトはその中の「魚魫蘭(ギョチンラン)」と呼ばれる系統。名前については一番わかりにくい系統で、「玉珍蘭」「玉魫蘭」などの異称がある。この系統は葉芸が繊細な園芸種が多いうえ、香りが抜群なのでオイラは大好き。
このヒトも、それでウチにやってきたわけだけど、ちょっと戸惑っている。

ウチにいる他の魚魫蘭は、やや葉の幅が広めだけれど、柔らかい葉がすんなりと垂れるのに、白簾さんはちょっと固めで報歳蘭に似た感じなのだ。おまけに、この新葉の色、「ひょっとして転覆芸か?」と妄想をかき立てられてしまう魅力的な色ではないか・・・ (´ー`)

・・・そんなこんなで、アレコレ期待しながら新芽が上がるのを待っている。

テーマ: 園芸
ジャンル: 趣味・実用

2013.03.18 Mon 06:28
カテゴリ: 幽谷佳人
comment(0) | trackback(0) | 記事編集

PAGE TOP

さぼってるな~ 

Animal ワオキツネザル 須坂動物園 130209_cIMG_0354
このところ「さぼりモード」に入ってしまった。ヾ(;´▽`A``
日頃の行いが祟って、忙しくなっちゃったのだ・・・(自業自得)

コラ、しっかり働け! って言われてるような気がするけど、このヒトは「ワオキツネザル」と言って、マダカスカルのお猿さんらしい。
先日、須坂市の動物園でエサをあげたときの写真。小さな手で指を握られたら、柔らかくて暖かかった。

さーて、今日も現場に行きますか!(現場が杉林なのでちょっとひるんでいる)


テーマ: 写真
ジャンル: 趣味・実用

2013.03.17 Sun 06:08
カテゴリ: ひとりごと
comment(0) | trackback(0) | 記事編集

PAGE TOP

寒い写真 その3 

庭 光前寺本堂前庭園 雪景色 130116_cIMG_0255
早くしないとアップできなくなっちゃう! ・・・と焦って第三弾。これにて打ち止め。

ここは光前寺の本堂前庭園なのだ。累積的に改修されているから観賞が難しいんだけど、オイラが一番好きな十王堂脇から撮った一枚。三重塔を遠景に滝石組を狙ったものだ。

1月半ばに撮ったものなんだけど、今年の駒ヶ根は、この後大雪に見舞われたので、まだ雪があるかも。

テーマ: 写真
ジャンル: 趣味・実用

2013.03.10 Sun 07:36
カテゴリ: 遺跡や史跡を歩く
comment(0) | trackback(0) | 記事編集

PAGE TOP

 | h o m e |  n e x t »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。