10/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28./03

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- --:--
カテゴリ: スポンサー広告
comment -- | trackback -- | 記事編集

PAGE TOP

柑子 

里 岐阜市 ミカンと水仙 130226_cIMG_0442
一昨日の岐阜でもう一つ印象に残ったのは、咲き始めの水仙の隣でたわわに実っていた夏ミカン(たぶん)だった。信州に住むオイラが、これを「夏ミカン」と思ったのには経緯があるんだけど、それは近いうちにアップすることにして、ひとまず先に進むことにする。

この木を見たとき、オイラの脳裏には「大きなる柑子の木の、枝もたわわになりたるが・・・」というフレーズが浮かんだ。たしか徒然草の一節だと思うんだけど、日頃から植物だと「ナツミカン」とか「Citrus natsudaidai )」とかいう表現に馴染みがあるオイラにしては不思議なことだった。このところ古文献を使った仕事が急造しているせいなのかなぁ・・・。
あ、「柑子」は「こうじ」と読むんだけど、オイラも実物をナマで見たことはないのだ。ヾ(;´▽`A``

F ニホンスイセン 八重咲き 130226_cIMG_0444
んで、傍らに生えているのは遠目に見てもスイセン、それも「日本水仙(Narcissus tazetta var. chinensis )」だったので傍に寄ってみた。
少しだけ違和感があったのは、どうやら八重咲きのせいらしい。ふんわりと良い香り。やっぱり日本水仙で良いみたいだった。
あぁ、春だなぁ、て、ほっこりしたオイラなのであった。


スポンサーサイト

テーマ: 和風、和物、日本の伝統
ジャンル: 趣味・実用

2013.02.28 Thu 06:14
カテゴリ: 村里を歩く
comment(0) | trackback(0) | 記事編集

PAGE TOP

春だ 

F_ナバナ 咲き始め、岐阜 130226_cIMG_0440
今年は、昨日出かけた岐阜で春の象徴と出会った。しかも、民家の庭先の白梅、田んぼの菜の花、畑の片隅に咲く水仙の3連発だった。なんだか、ほっこりした気分になった。

1枚目の写真は菜の花、よく見ると周囲には「春の七草」系の丈の低い草たちがびっしりと生い茂っていて、「春だなぁ」と感じさせてくれた。

F_サザンカ 季節外れの満開 130226_cIMG_0436
でも、不思議なのは西岐阜駅前の山茶花(2枚目)で、間違いなくサザンカで椿じゃないんだけど、どう見ても満開だった。
どうして今ごろ?と思ったけれど、サザンカの仲間は椿との交配で春に咲く系統があるらしい。この世界はディープで、とてもじゃないけどオイラには葉が立たないので、「雄蘂が束になってないから一応サザンカ」ってことにさせといてくらはい。ヾ(;´▽`A``

岐阜っていうと北アルプスの向こう側だから、「同じ山国」と勝手に思っていたけれど、それは飛騨の話で、美濃は濃尾平野から続く暖地なんだな~て、あらためて感じた旅だった。

テーマ: 写真
ジャンル: 趣味・実用

2013.02.27 Wed 07:34
カテゴリ: 花を愛でる
comment(0) | trackback(0) | 記事編集

PAGE TOP

ひょうじゅん 

水 三滝(大禅の滝) 氷筍 120211_cIMG_1377
「ひょうじゅん」と聞いて「氷筍」なんて字が頭に浮かぶ人は、ごく限られたクラスターなので、「標準」くらいを連想したほうが無難ではないかと思う。

素直に「氷筍」が変換できるPCの持ち主となると・・・、長野オリンピックでスピードスケートの高速リンクを作った方とか、地形地質の研究者とか、オイラとか・・・ ヾ(;´▽`A``

それはともかく、昨日の寒さに開き直って、チト「寒い写真特別展」をやろうという魂胆なのだ。

んで、第一弾がこれ。
北相木村にある「三滝」のうち「大禅の滝」なのだ。ただし、写真は去年の2月のものなので、行ってみたい人はご注意を。
ざっくり言えば「氷瀑」なのだけど、ここのヤツは下からタケノコ(筍)のように成長していくので氷筍とも言われるのだ。降りかかったしぶきが凍り、松笠のような形で青みのある氷のオブジェが成長していく。写真は昨年、一番上まで凍ったときに撮りに行ったもの。

どうです、寒そうでしょ? 行く方は、つるつるの氷の上でも滑らない足ごしらえをした方が楽しめます。


テーマ: 写真
ジャンル: 趣味・実用

2013.02.26 Tue 06:21
カテゴリ: 不思議なモノ
comment(0) | trackback(0) | 記事編集

PAGE TOP

あっち行けっ! 

食 しるこ 鏡開き 130112_cIMG_0240
せっかく春が近づいてきていたというのに、さすがのオイラも今日は寒かった。明日の朝も冷えそうだな~ ヾ(;´▽`A``
・・・というわけで、先月の鏡開きの写真なのだ! 寒気団よ、あっち行けっ!
みなさんも、これで寒さを吹っ飛ばしてくれたまえ。 <( ̄^ ̄)>

ちなみに、これは「おしるこ」である。 ・・・てか、信州には「汁粉」と「ぜんざい」なんて区別は基本的に無い(たぶん)のだ。( ̄▽ ̄)
聞くところによると、「こしあん」と「粒あん」の差だの、関西と関東の呼び名の違いだのと、なかなかディープな世界らしいのだが、オイラの経験では、自家製のお汁粉で「こしあん」を使っている地域は信州には無いんじゃないかと思うし、「ぜんざい」て言葉も地の言葉として聞いたことはない。

あれっ? なんか熱く語っているではないか・・・ヾ(;´▽`A``
ホントは、単にアツアツのお汁粉が好きってだけの話なのでした・・・

テーマ: スイーツ
ジャンル: グルメ

2013.02.24 Sun 21:19
カテゴリ: 食べる&飲む(Cafe 編)
comment(0) | trackback(0) | 記事編集

PAGE TOP

ややっ 

食 ピェンロー 130103_cIMG_0137
先月の写真なのでアップしようかどうか迷って、念のために調べてみたら、なんとやっぱりこの料理は当テラスのメニューに加えられていなかった。その名はピェンロー。
「なんとやっぱり」って日本語は変だけど、このところずっとサボっていたから、その間にマイブームになった料理が一度もアップされていなかったってことを言語化したらこうなっちゃったのだ。ヾ(;´▽`A``

さて、ピェンローは中国由来の鍋料理で、たっぷりのスープでクツクツ煮えた白菜&春雨の甘味と胡麻油の香りのコラボに肝がある。スープを作るために時間がかかるけれど、作り方は簡単なので、オススメの冬料理。まもなくシーズンが終わろうとしているので週末にまた作ろうと目論んでいる。(¬ー¬)

テーマ: 美味しいもの
ジャンル: グルメ

2013.02.22 Fri 06:57
カテゴリ: 食べる&飲む(シェフ編)
comment(2) | trackback(0) | 記事編集

PAGE TOP

寒波 

夜光 灯明祭り 善光寺本堂 130209_cIMG_0369
おぉっ? 新潟県で大雪警報? あら~、こちらにもおすそ分けが来ちゃうかなぁ? ヾ(;´▽`A``
この二三日、これまで怠惰だった寒気が最後に帳尻あわせをするように頑張っているような気がする。でも、どうやら日が差してきたようだ。(*^_^*)v
この寒波が最後の大物であってほしいな~

写真は今年の灯明祭りで撮った善光寺本堂。

テーマ: 日記
ジャンル: 日記

2013.02.21 Thu 07:39
カテゴリ: ひとりごと
comment(0) | trackback(0) | 記事編集

PAGE TOP

あやしい病気 

夜光 霞ヶ関 文化庁の向かいから 130107_cIMG_0234
~本日2つめのエントリです~

今朝のNHKに中村格子さんていう笑顔の素敵な整形外科医さんが出演し、アナウンサーたちの問いに答えて、「ロコモ」って病気の説明をしていた。番組の構成は、その概念自体になんら疑問を抱かせることなく全面賛成モードになっていた。

だけど、ちょっと待ってほしい。「ロコモ」とやらの前任者である「メタボ」くんは、わが国の医療が置かれた現状を改善するために、はたして役立ったのだろうか?
医療の質は向上したか? 医療者の加重負担は減ったか? その反映としての患者側の安全性や満足度は向上したか?
あったのは、単なる地域医療の切り捨てや社会保障費の削減だけではなかったか?
「メタボ」とやらが、これらを良い方向に向かわせる効果があったというなら具体的データを知りたいものだ。

その検証もないままに、「ロコモ」とやらのご登場・・・われわれは、この新人をどのように歓待するべきなのだろうか?
大変申し訳ないが、中村先生の笑顔が虚しいものに見えた。

写真は1月に撮った霞ヶ関の端っこ(笑)の方。

テーマ: つぶやき
ジャンル: ブログ

2013.02.20 Wed 21:19
カテゴリ: 生命をみつめる
comment(0) | trackback(0) | 記事編集

PAGE TOP

 | h o m e |  n e x t »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。