05/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30./07

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- --:--
カテゴリ: スポンサー広告
comment -- | trackback -- | 記事編集

PAGE TOP

今月の花 ~水無月~ (月掲示板/日々の記事は下にあります) 

Chamaecereus 白壇 開花 100627_cIMG_2032
【修復】2007年1月6日まで完了
【お願い】IE以外のブラウザをお使いの皆さん、表示に支障がありましたら、ぜひ教えてください。ただいま修理中です。
まだ梅雨の声が身近にならない今日このごろ、皆さまいかがお過ごしですか。
初めてお越しの皆様も、いつもおいで下さる皆様も、ありがとうございます。今月もどうぞよろしくお願いします。

さて、「今月の花」をみて、ギョッとした方もいらっしゃるでしょう。でも、芋虫ではなく立派な花です。ただし、まだ蕾、、、どれが蕾かおわかりですか?
みごとに咲いたら名前を明かすことにしましょう。
▼んで・・・▼
咲きました。
ホントはもっと早かったんだけど、撮ってる間がなかったの(ρ_;) 危うく終わっちゃうところだった。
正体はサボテンで、カマエケレウス属の「白壇(Chamaecereus silvestrii )」です。

あいもかわらず、花の話ですが、宜しくおつきあい下さい。記事に付けにくいコメントはこちらにどうぞ。
スポンサーサイト
2010.06.30 Wed 23:58
カテゴリ: 今月の掲示板
comment(0) | trackback(0) | 記事編集

PAGE TOP

ささやかな喜び 

F_スミレ トリミング 100515_cIMG_9521
一枚目の写真は一昨日の湧き水のエントリと同じ場所(こちらは麓の寺院遺跡)にて先月半ば。
見た瞬間、直感的に「あっスミレだ~」と思って撮った。
あ、「あったりまえ!」って言わないで。この場合の「スミレ」ってのはスミレ科スミレ属スミレ(Viola mandshurica )のことだからねぇ!

スミレの分類はものすごく難しくて(桜でも椿でもこんなコト書いてたじゃないか・・・)、よく似たノジスミレ(V. yedoensis )との区別に自信がなかったので、今日までもてあましていたけど、あらためて区別点を勉強し直したらわかった。
やっぱりスミレでイイらしい。ちょっと嬉しい。

F_アカネスミレ 山の神のサラサドウダンにて群落 100526_cIMG_0153
2枚目は、先月終わりころに、植物の先生と山を歩いていたときに見かけたモノ。色味が気になったので「コレは?」と訪ねたけど、目的が別だったので、先生も遠目に一瞥して「ノジスミレ」と言った(そういわれたのは別個体だから本当にノジスミレだったかもしれない)。赤味が強い個体が目についたので、ノジスミレにしてはおかしいなぁ、と引っかかっていた。

でも、いまのオイラは区別に自信が持てちゃったもんネ! これは則弁に毛があるからノジスミレじゃない。<( ̄^ ̄)>えっへん
おそらく、独特の赤味から「アカネスミレ(V. phalacrocarpa) 」でいいだろうと思っている。

「スミレはワカラン」って思いこんでいたのでちょっと嬉しい。

テーマ: 季節の花々
ジャンル: 趣味・実用

2010.06.29 Tue 06:35
カテゴリ: 山を歩く
comment(2) | trackback(0) | 記事編集

PAGE TOP

期待! 

Echinocereus 紫太陽 出蕾か 100610_cIMG_1246
~本日2つめのエントリです~
5月の復活以来、このところ多肉以外の写真が多すぎた。そろそろ、原点回帰を図ろうか、、、と思っても、メセン類の花期はマダだし、美味しいものや美しいものは他にもあるし、、、いまさら少し無理な気もするけどちょっとだけガンバル。

さて、1枚目の写真は、6月10日撮影のサボ君。棘座の異変に「もしや!」と思って撮っておいたもの。
Echinocereus 紫太陽 蕾成長中 100627_cIMG_2034
そして、2枚目は今日の写真。<( ̄^ ̄)>えっへん!
見事に読みが当たって、蕾が生長していた。
このサボ君は、あまり花を咲かせないタイプなので、嬉しい。たまに咲くと大輪の見事な花が陽光に輝く、、、予定。o(*^^*)o

エキノケレウス属の「紫太陽(Echinocereus rigidissimus var. rubispinus )」といって、高地性の小型柱サボテン(ケレウスと名が付く系統)です。氷点下10℃を下回ることもあるウチのベランダで完全断水で越冬してくれる健気なヒトとして、絶大な人気(誰の?)を誇っています。花が無くても棘(しかも痛くない)が綺麗で良いんですが、何と言ってもちゃんと咲くとそれは見事なのです。乞うご期待。


テーマ: サボテン・多肉植物・観葉植物
ジャンル: 趣味・実用

2010.06.27 Sun 13:05
カテゴリ: スタイリッシュな人々
comment(0) | trackback(0) | 記事編集

PAGE TOP

命の水 

水 小菅山 奥社北側の沢・源頭部付近 100515_cIMG_9686
写真整理が出来たので、また信仰遺跡シリーズを再開。まずは、5月に自身の概況踏査と、とある研究職を案内して立て続けに訪れた中世以来の霊場「小菅山」。

岩と水が霊場の土台となっていて、重文の奥社社殿内には弘法大師の伝説をもつ甘露泉が湧く。
この水は社殿の西側に導かれているので、来訪者は飲むことが出来る。本当に甘露だ。オイラはこの水で1:1くらいにスコッチを割るのが気に入った。常温で割ると、アルコールのキツさが薄れるかわりに香りが広がり、味わいが繊細に感じられる。おっと、いけない学問的なエントリにするんだっけ!

ちなみに、写真はそのすぐ脇の社殿上部から湧いて流れ下る方の沢。緑のコケに清流が印象的だった。とりあえず、第1弾は「水」編でした。

テーマ: 宗教・信仰
ジャンル: 学問・文化・芸術

2010.06.27 Sun 11:54
カテゴリ: 遺跡や史跡を歩く
comment(0) | trackback(0) | 記事編集

PAGE TOP

不覚!×3 

F_カラスノエンドウ 100513_cIMG_9231
~本日3つめのエントリです~
5月半ばのカラスノエンドウ。今日までこれを「烏の豌豆」だと思っていた。だって、「スズメノカタビラ」「ウマノアシガタ」「キツネノカミソリ」って具合にラインナップが揃ってるじゃない!
でも、漢字で書くと「烏野豌豆」なんだそうだ。すると「スズメノエンドウ」もか、、、今日まで人生の大半を間違って認識してた。
しかも、これがどうやら外来種らしい。あ、これ「広義の外来種(銀杏も竹も外来種)」だからネ。
う~ん、子供の頃「原っぱ」で実物に触れながら身に付いたものと「学」としての植物の間にある意外な溝にはいまだに驚く。

しか~し、最大の衝撃はこんなことではない!!
なんと、カラスノエンドウは食べられるんだと!!! いや、子供の頃、生でちょっとは食べたけどね(ボソッ)。ちゃんと料理したら美味しいらしい。今日まで知らなかったのは痛恨の極みだ。。。 orz

テーマ: 花と生活
ジャンル: 趣味・実用

2010.06.26 Sat 20:20
カテゴリ: ひとりごと
comment(2) | trackback(0) | 記事編集

PAGE TOP

なんだかホッと・・・ 

F_シャガ 100511_cIMG_9010
~本日2つめのエントリです~
降り出した。けっこう大粒の暖かい雨だ。
雨にちなんで、撮り溜めた写真の中からシャガの艶姿をup。

どうしても仕事柄、カタカナ表記が先に立つけど、それはPCの仕業で、実は漢字表記がスキ。この花の場合は「射干」と書くそうだけど、そもそもATOKでさえ自動では変換されない・・・。エイッ、「植物辞書セット」に覚えさせたった!

昨日までの出張の嵐が終わって気が緩んだところに雨が降り出し、ちょっとスイッチが切れたような土曜の午後。なんだか幸せかも。

テーマ: つぶやき
ジャンル: 日記

2010.06.26 Sat 13:25
カテゴリ: 花を愛でる
comment(0) | trackback(0) | 記事編集

PAGE TOP

記憶 

F_モクレン 100503_cIMG_8614
この春に撮り溜めた写真を整理していたら、ふとコーヒーカップを思い出した。

ずっと以前に割れてしまった、ちょっとお気に入りの一品だ。ちょうどこの花のようなスマートな六角形のカップだった。職場で同僚の女性が落として割れちゃったんだっけ、、、もっとも、オイラがデスクの隅っこに置いたのがいけなかったんだけど。そういえば、先輩から「お前はあの娘が好きなんだろ」(当時けっこう図星だった)なんて言われた相手だったなぁ・・・。食とか生活とかについて、けっこう古風な考え方の女性だった、、、。
う~ん、今だったら素直に声をかけてただろうなぁ。

そんなとりとめもないことを突然思い出したのはなぜだろうか?
たしかに、割れたカップは木蓮の柄だったけど、人生の膨大な記憶の中で、たったそれだけが鍵になってズルズルといろんな思い出が出てくるなんて不思議だなぁ。
2010.06.26 Sat 05:28
カテゴリ: 未分類
comment(0) | trackback(0) | 記事編集

PAGE TOP

 | h o m e |  n e x t »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。