10/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30./12

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- --:--
カテゴリ: スポンサー広告
comment -- | trackback -- | 記事編集

PAGE TOP

今月の花 ~霜月~ (月掲示板/日々の記事は下にあります) 

Dinteranthus 春桃玉 Lapidaria 魔玉 091031_IMG_0743
【修復】2007年1月3日まで完了
紅葉も盛りを過ぎ、秋の夜長を実感する頃になりましたが、皆さまいかがお過ごしですか。
初めてお越しの皆様も、いつもおいで下さる皆様も、ありがとうございます。今月もどうぞよろしくお願いします。

さて、「今月の花」はハロウィンにちなんで我が家の魔族たち。左がディンテランツス属の「春桃玉(Dinteranthus inexpectatus)」で、右はラピダリア属の「魔玉(Lapidaria margaretae)」というコラボ。不思議な曲面と鋭いエッジ、陶磁器のような肌色の生きた石ころです。いよいよ玉型メセンが最も美しくなる季節を迎えました。

あいもかわらず、花の話ですが、宜しくおつきあい下さい。記事に付けにくいコメントはこちらにどうぞ。
スポンサーサイト
2009.11.30 Mon 23:29
カテゴリ: 今月の掲示板
comment(0) | trackback(0) | 記事編集

PAGE TOP

適期 

B_林檎・フジ 091107_cIMG_5403
裏の畑の林檎はそろそろ食べ頃。書き物を終えたら絶対選果場を襲撃してやる! (採れたてで、形や表皮の傷でハネられた最高の林檎が手に入るんです)

でも、今の書き物も林檎も同じで、これからが悩むところ。それはリリースのタイミング。少しでも蜜を増やすには、一日でも木につけておきたいところだけど、摘果するまでは何が起きるかわからないし、蜜の入りすぎは日持ちも悪くなる。さぁ、いつ収穫するか、、、悩みますな。(~ヘ~;

テーマ: 今日のつぶやき
ジャンル: 日記

2009.11.23 Mon 07:27
カテゴリ: ひとりごと
comment(2) | trackback(0) | 記事編集

PAGE TOP

枯野の桜 

F_十月桜 小川村立屋 091114_cIMG_5760
先週の写真だけど、調査帰りの1枚を。
たぶん十月桜というやつで、春の桜に比べるとボリュームはないのだけれど、一面の枯野原では一目を惹く。
去年、新潟で撮ったやつ(2枚目)は八重で、はたして同じ十月桜なのか疑問だけど、とりあえず確認してるヒマがない。

十月桜か
昨日から「学問の神サマ」が降臨していて、妙に集中しているうえに、今まで気づかなかったことが次々に見えてくる。これまでの経験から、暗闇の中を手探りで進んでいても、正しい道をたどっているときの手応えだとわかる。しめしめ e(o^ュ^o)g
このまま一気に突っ走って明日には「解放記念日」を迎えたい。頑張れ自分!

テーマ: 今日のお仕事
ジャンル: 就職・お仕事

2009.11.22 Sun 06:57
カテゴリ: 花を愛でる
comment(2) | trackback(0) | 記事編集

PAGE TOP

発見!! 

L_ニセアカシア 黄葉 091103_cIMG_5264
11月3日の雨上がりに撮った写真。
これまで気づいてなかったけれど、針槐(ハリエンジュ:通称ニセアカシア)の黄葉は、微妙なグラデーションになって進行している。この木だけでなくて、ゾウさんの河原でも確認したから、それがスタンダードなんだろう。そういう目で見るとなかなか綺麗だ。

ついでに針槐の学名はRobinia pseudoacacia だということを発見してビックリ!
何がおかしいって?
ラテン語で"pseudo"は「偽の or 似た」という意味なので、針槐の学名が「偽の acacia」ってことに・・・
んで、"acacia"(アカシア)はもしかして学名なのかと思ったら、ホントに属の名だった。
つまり、「アカシア」自体はラテン語の属名をそのまま日本語化して使ってるし、「ニセアカシア」の方は、なんと学名を直訳しただけだってことで、気づいて二度ビックリというわけだ。
「ニセアカシア」って通称はどうも好きになれないので、あまり使わないようにしてきたんだけど、この安直なネーミングの由来に気づいてしまってますます複雑だ。
花はいい匂いだし、美味しいのになぁ。(結局、そこか・・・)

テーマ: 自然科学
ジャンル: 学問・文化・芸術

2009.11.18 Wed 04:31
カテゴリ: ひとりごと
comment(0) | trackback(0) | 記事編集

PAGE TOP

What is this ? (その2)  

objet_正受庵 手水鉢 091106_cIMG_5374
依然として自己監禁状態が続きますが、今日明日がヤマ場。絶対生き延びてやる~(´ヘ`;)

さて、これは11月6日の仕事場で出会ったモノ。オイラの仕事の主なターゲットではなかったため、割に気楽に「ふーん・・・」と見ていたけど、これを目当てにこの庵を訪れる方も多いという。

みなさん、解答はご用意いただけましたか?

正解は、江戸期の手水鉢。
不思議な形ですよね。おそらくは自然物なのですが、どうやったらこんなモノが・・・
面白がってなでる方が多いとみえて、手垢でピカピカしてるのが微笑ましかった。

今日の運勢は「手洗い」で80点、「手水鉢」までわかれば100点満点。オイラは「オブジェだぁ」なんて思いながら撮ってたんですけどネ。(^。^)

テーマ: 今日のお仕事
ジャンル: 就職・お仕事

2009.11.17 Tue 06:45
カテゴリ: 不思議なモノ
comment(0) | trackback(0) | 記事編集

PAGE TOP

天使のおしり 

Ophthalmophyllum シュルディー M-314 091115_cIMG_5770
パン好きのみなさま、ゴメンナサイ!
でも、ウチで「天使のおしり」といえば、この人なのです。その正体はオフタルモの「シュルディー(Ophthalmophyllum schuldtii )」で、小春日和のような日差しにスクスク育っています。

さて、今週も仕事の嵐、何とか乗り切らなくちゃ!

テーマ: サボテン・多肉植物・観葉植物
ジャンル: 趣味・実用

2009.11.16 Mon 06:07
カテゴリ: スタイリッシュな人々
comment(0) | trackback(0) | 記事編集

PAGE TOP

充実の秋 

L_コナラ 筏が峰奥院西尾根 091114_cIMG_5695
昨日は、調査不足がわかった部分の検討のため、誰もいない晩秋の山中へ。
先日、クマと駆け引きした剣の刃のような尾根を延々とたどった。「ここでクマさんとぶつかったら正面対決だなぁ・・・」と思いながら、荒れ模様の空から差す日差しに光るコナラの黄葉・・・いや紅葉、でもない橙葉(ナンと読む?)を楽しんで歩いた。
L_コナラ 筏が峰奥院西尾根 樹冠 091114_cIMG_5698
背景の暗雲と、すでに散った木々の姿で荒涼とした雰囲気が出てくる季節だけど、ナラ類が散っていく姿は、充実の1年を思わせる暖かみのあるもので大好きだ。
幸いクマさんには出会わず、無事に終了。

今日はバリバリ書くぞ~ p(*^-^*)q ♪

テーマ: 今日のお仕事
ジャンル: 就職・お仕事

2009.11.15 Sun 09:08
カテゴリ: 山を歩く
comment(2) | trackback(0) | 記事編集

PAGE TOP

 | h o m e |  n e x t »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。