07/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31./09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- --:--
カテゴリ: スポンサー広告
comment -- | trackback -- | 記事編集

PAGE TOP

今月の花 ~葉月~ (月掲示板/日々の記事は下にあります) 

アーティチョーク  090725_cIMG_2440
【修復】2006年11月まで完了
梅雨が明けきらぬまま8月となってしまいました。蒸し暑さの苦手な火星人は、うにゅ~~と青息吐息で、メセンたちも完全断水で我慢モードですが、皆様はいかがお過ごしでしょうか?
初めてお越しの皆様も、いつもおいで下さる皆様も、有難うございます。今月もどうぞよろしくお願いします。
さて、「今月の花」は・・・実はよくわからないのです。(^^ゞ
最近、ときどき目にとまるようになった(以前信州では見なかった)もので、たぶん、アーテイチョーク(チョウセンアザミ)と言われるものだとアタリをつけてます。調べてみたら、欧州では野菜として使われるみたいですね。
在来種のアザミよりも青みが強く、涼しげでいいかな、と掲示板に選びました。
でも、この掲示板が使命を終えるころ、日本はとてもアツイ夏を迎えているのかな、と思います。

あいもかわらず、花の話ですが、宜しくおつきあい下さい。記事に付けにくいコメントはこちらにどうぞ。
スポンサーサイト
2009.08.31 Mon 23:58
カテゴリ: 今月の掲示板
comment(0) | trackback(0) | 記事編集

PAGE TOP

メディア・リテラシー 

~本日三つめのエントリです~
同名の原著を読むとなかなか面白いんだけど、日本では「本来の意味」では使われていないので、日頃は極力この言葉を使わないようにしている。
だけど、今日一日で、やっぱり使うコトにした。だって、昨夜からのテレビ番組ヒドイよ?

出演者(もしくは選ばれた被写体)
小泉元総理の子供、そのまんま東、竹中パソナ会長、橋下大阪府知事

話題(もしくは投げられた質問)
小沢さんには政治資金の疑惑がありますが・・・(フルタチ氏)
小沢さんの入閣は?・・・(ゴトウ氏)
改革は本当にできるんですか?・・・(顔も名も知れぬ女性記者)
※.あれ? 小沢さんの疑惑・・・?

消滅(もしくは急に減った話題)
ヤク中毒だか使用だかの芸人たち、新型インフルエンザ、豪雨災害
※.ま、明日から復活する可能性はあるけど・・・

どうして小泉氏の子供なんかより、ずっと重要な選挙区があるのに、こんな人にチヤホヤするのかねぇ。ま、言い訳は予想できるけど。
「そのまんま」とか「パソナ」の人選もいろんな意味でスゴイけど、明らかに旧政権びいきだ。
投げかける質問も、できるだけ民主党にダメージを与えようと周到に用意しているようだ。

そう来たか。。。次のターゲットはマスコミかもしれない。
もし、あまりに偏向した報道が続くようなら(続く気がする)、ネットメディアには、これに対抗して、新しい政治の胎動を厳しくかつ暖かく見守る楯の役割が必要になるだろう。

でも、蓮舫さんなんかはジャンヌ・ダルクのように鮮やかに切り返していたから、余計なお節介かもネ。
〈アンドウ氏〉:子育て支援財源確保はできるんですか?
〈蓮舫〉:できます。(その後で、短く予算組み替えの基礎的説明)
もともと、「できない」と疑う側に根拠がないのでキッパリ「できる」と言われると鼻面にカウンターパンチ喰らったみたいに黙るしかない。お見事!!
相手にだけ「説明責任」を求めるマスコミの面目躍如?だ。(笑)

細かなコトは目をつぶるから、自信をもってやってみてほしい。

テーマ: このままで、いいのか日本
ジャンル: 政治・経済

2009.08.31 Mon 20:50
カテゴリ: ひとりごと
comment(0) | trackback(0) | 記事編集

PAGE TOP

敗因分析で驚いたこと 

~本日二つめのエントリです~
今日は休みだったので、書き物をしながら首相会見や選挙関連のウェブ記事を見ていた。そしたら、驚きとともにハッと気づいたことがあった。最初に根拠となる事実から・・・

事実1:会見での首相の言葉(8/31 14:00-)
(ネガティブキャンペーンの有効性について)ネガティブキャンペーンをやって当選した人もいるので、プラスともマイナスとも言えない。民主党のマニフェストをきちんと見て「実行できない」とネガティブキャンペーンした人とそうでない人がいる。

事実2:昨晩党本部での菅義偉選対副委員長の言葉(8/30:各社の断片情報)
「まさかと思っていたが、これが現実なのか。目に見えない地殻変動が起きていたのではないか。私たちは国民目線から遠くなっていたのか」「長年、政権にいてぬるま湯にいた部分がある。」「自民党の消費期限が切れた。解党的出直しの最後の機会だろう」

麻生氏の言を虚心に聞いていると、記者の「ネガティブキャンペーン」と麻生氏のそれがずれている気がした。麻生氏は例の「汚い中傷ビラ」まで含めて「どちらとも言えない」と言ったのだろうか? だとすれば論外だが、どうも、そんなものが大量にばらまかれていたことを知らないのではないか、という気がしてきた。だとすれば「目黒のサンマ」の殿様みたいなもんだ。
菅氏の言もそうだ。「私たちは国民目線から遠くなっていたのか」ってのは政治家失格だと思うけど、案外素直なのかもしれない。

つまり、「大物」の政治家と国民の間を隔て、正しい情報を入れずに、それによって甘い汁を吸う「側用人」や「取り巻き」によって、正しい判断が下せなくなっていたということなのではないか。

だとすると、今後の私たちが目を光らせるべきは、そのような「側用人」「取り巻き」(たぶん、御用文化人・御用学者・財界人・似非タレント・半端評論家etc.だろう)を新政権に寄生させないことなんじゃないだろうか。

テーマ: このままで、いいのか日本
ジャンル: 政治・経済

2009.08.31 Mon 16:13
カテゴリ: ひとりごと
comment(0) | trackback(3) | 記事編集

PAGE TOP

戦い過ぎて・・・ 

酔芙蓉 夕 090830_cIMG_2934
酔芙蓉の色が変わり、総選挙も、まずまず願ったような結果となった。問題はこれからだけれど、とりあえずヨカッタ。
新政権側では国民新党の1議席減がちょっとイタイ。
共産党も含めて、国民のスタンスから民主党にブレーキをかけたり背中を押したりする勢力がもう少し伸びてほしかった。

自民は、解党的な惨敗は予想通りとして、この先が心配。
あの元総理をはじめとして、国民とかけ離れたイデオロギーごっこに走りそうな人や、「顔で政治ができるか」なんて感覚の人ばかりが当選し、本来の保守というべき落ち着いた政治家は減った。一つの党としてやっていけるのか、というよりやっていかない方が良識派にとっては良いんじゃないかと思うくらいの焼け野原だ。ただ、正真保守を標榜するブログなどを見ると、自エンド系のブログが右翼的と一括りにしている政治家も玉石混淆だということなので、少し時間を置かないとそのへんは分からないかも。
まずは、逆上してやってしまったネガキャンと右翼的言説の総括から、見える形でやってほしいと思う。

その点、毎日新聞が掲載している鳩山氏の演説は、優勢が決定的な中とはいえ、立派だと思った。
《以下引用》私は自民党によみがえってもらいたい。誹謗中傷合戦をするのではなく、政策論争でどんどん民主党に挑んできてもらえるような、自民党によみがえってもらいたい。そのことによって国民の皆さんの声が聞こえる、切磋琢磨の2大政党政治ができると思いませんか。《以上引用》(28日/徳島県阿南市の街頭演説)

仕事柄、霞ヶ関の空気(ただし、マスコミが伝えるのとは少々違う)も伝わってくるので、民主党には期待している。幸か不幸かまるっきり選挙の争点にはならなかった分野なので未知数だけど、柔軟かつしたたかに頑張ってほしい。

自エンド系のブログには、これを機に休止というところもあるけど、ココはもちろん無関係。政治の話題もカフェのマスターの茶飲み話に過ぎませんので、この先も思い出したように民主に喝を入れたりするかも。明日から9月となればメセンの季節、引っ越して初めてのシーズンです。タイミングが悪かったんで、ここまでのガマンが長かった~。(^^ゞ
ようやく、南アフリカの花が本領発揮です。お楽しみに。

テーマ: このままで、いいのか日本
ジャンル: 政治・経済

2009.08.31 Mon 08:19
カテゴリ: ひとりごと
comment(2) | trackback(2) | 記事編集

PAGE TOP

開票の見どころ 

酔芙蓉 朝 090830_cIMG_2918
思えば、この3月が転機だった。それまでも、大物政治家のお粗末な言動には、「川柳」程度のエントリを上げることもあったが、あくまでブログは実生活と切り離していた。
それが、当時の民主党小沢代表秘書の突然の逮捕から、オイラは所謂「政治ブログ」なるものを読むようになった。なかでも「自エンド」系のみなさんのブログは、自分のスタンスと同じなので、よく読んでいるうちに、底流にある仕組みや必然がより鮮明に見えてきた。総選挙を迎えて、例のビラやCMに代表されるあまりの自民党の見苦しさに、政治ネタを立て続けにアップもした。そして、あと一時間半で投票箱の蓋が開けられようとしている。

このブログに社会的影響力などないけれど、「足を突っ込んでしまった」者のハシクレとしては、間もなく誕生するであろう新政権の一挙手一投足に目を光らせる必要があるだろう。
そんな思いで、独断と偏見による開票速報の見どころトップ12を挙げてみた。
もっと大事な点がある、というコメントもお待ちしてます。

1)民主党は十分な力(発足時に予想されるもたつきを克服できる)を得たか?
2)民主党鳩山代表の勝利宣言、内容はいかに?
3)共産党の議席数、民主のブレーキになりそうか?
4)自民党で生き残るのは誰か? 極右政党への道を歩むのか?
5)社民党は解党の危機に直面するのではないか?
6)自民党の「良識派・まともな保守」は分派するか?
7)東京都の選挙結果、石原都政への影響は?
8)みんなの党の当選数、この先の去就は?
9)民主党のいわゆる「女性刺客」の当選挨拶、ホンモノだと信じたいが?
10)国民新党の当選者数と、「郵政」以外での発言は?
11)公明党の去就、政教分離は?
12)幸福実現党に当選者が出たら、自民党合流か?

写真は、今朝撮った酔芙蓉、夕方に美しく紅がさす様子は次のエントリで。そのころには、オイラの顔も祝杯で赤いかな?

テーマ: このままで、いいのか日本
ジャンル: 政治・経済

2009.08.30 Sun 18:41
カテゴリ: ひとりごと
comment(0) | trackback(0) | 記事編集

PAGE TOP

元総理さま、馬鹿ってダ~レ? 

スポーツ報知の森元首相「ばかな選挙」最後にブチギレ!という記事には、ウンザリした。
元総理大臣ともあろう人がこんなコトいうんですねぇ。 ┐(゚~゚)┌
以下、「 」内は記事から引用した元総理さまのご発言で、オレンジはオイラの感想。

「(相手候補は)女性を売り物にして選挙をしている。顔で政治ができるのか。」
相手候補の容姿しか見ていないワケね・・・女性の価値は「顔」だと思ってるって告白に等しいネ?

「(田中氏は)無理やり『選挙に出なさい』と言われたんじゃないか。」
若い候補だから、自分の意志などないってコトかな・・・なるほど、それが「キングメーカー」の手法だったわけだ。ナットク 〆(°°;)

「石川県の皆さんの良識が問われている」
その通りだ!!! ・・・良識ある石川県民はこの発言の根底にあるものを見逃さないぞ ( ̄ー ̄)凸

なんか、モ~すごいコトになってる・・・ (^◇^;)

テーマ: このままで、いいのか日本
ジャンル: 政治・経済

2009.08.30 Sun 10:37
カテゴリ: ひとりごと
comment(0) | trackback(2) | 記事編集

PAGE TOP

票はトコトン有効に 

眠い目をこすりつつ朝一、いや朝二くらいで投票に行ってきた。

今まで、ブロック別の比例代表名簿を見ても、一番いいな、と思う党を軸にものを考えていたけれど、今回はやめた。
政党内での順位と、「えらぼーと」での自分の考えとの一致度、さらに、重複立候補者の選挙区の情勢・・・じ~っくり見比べて考えることができた。
この党はダメだと決めたところには一度完全に退場してもらい、ここがイイなと思うところには勝ってもらいつつ、ブレーキが効くようにして、しかも自分の票が死ぬ確率を最小にするには。。。。というワケだ。

カナダde日本語の美爾依さんが、最新記事の中で東京8区の情勢を心配している
まさにこういう選挙区は典型的だけれど、オイラも今までは「票をトコトン有効に」使えていなかったと思う。皮肉な結果を防ぐため、最後にもう一度、全体像を考えてみましょう。・・・なーんて、タッチの差で先に済ませたからって偉そうに言ってみる。(^^ゞ

ついでに・・・
昨日の記事(二つめの方)にも書いたけど、余計な手加減は有害でしかないと思う。徹底的な結果が、しかも「郵政選挙」と正反対に出れば、全ての政党と政治家は、国民を甘く見たら終わりだ、と考えるだろう。ヘビでもクマでもイノシシでも、なまじっか手負いにするのが一番恐ろしい(う~ん、たとえが田舎だぁ)。「こいつらをナメたらエライ目にあう」と体で覚えてもらうのが一番!
きちんとやっとかないと、今度は自分に都合の悪い選挙制度を変えるという手に出て来ますから、ますます手に負えなくなるでしょう。

ところで・・・
ゆうべ『冬の兵士』を読んだ。全部は読み切れなかったけど、色々と思うところがあった。
衝撃的な記述ばかりなので、取り上げ始めたらきりがないが、一つだけ引用。「何も不審な様子は見せず、ただゆっくりと近づいてきて、こちらの命令に従っていたとしても、それは罠だとみなし、殺せ」(海兵隊伍長 突撃兵だったマイケル・ルデュークの証言/2004年10月終わりころ大隊付き法務官からの説明)
わが国が支援した、テロとの戦いの現場で実際に起きたことがコレだとすれば、我々の税金は、何をしたことになるのだろうか。
また、「守秘義務」とのかねあいもあって、現段階では、わが国ではこのような現場の証言を聞くことができないだろう。核持ち込み疑惑では、いよいよ元幹部職員の発言だけでなく、外務省も動く(誤魔化しの有無が問題だけど)ようだけど、上っ面の「守秘義務」よりも、本当の意味の「国益」が優先される必要があるのではないか、という議論も新政権には期待したい。

まとまらないエントリになったけど、皆さん、雨が降る前に投票所に行こう!!

テーマ: このままで、いいのか日本
ジャンル: 政治・経済

2009.08.30 Sun 09:20
カテゴリ: ひとりごと
comment(2) | trackback(3) | 記事編集

PAGE TOP

 | h o m e |  n e x t »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。