06/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31./08

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- --:--
カテゴリ: スポンサー広告
comment -- | trackback -- | 記事編集

PAGE TOP

今月の花 ~文月~ (月掲示板/日々の記事は下にあります) 

麗晃殿 090627_img_0594
【修復】2006年11月まで完了
いよいよ梅雨らしい雨の日が続きますが、植物たちは元気です。

初めてお越しの皆様も、いつもおいで下さる皆様も、ありがとうございます。今月もどうぞよろしくお願いします。
さて、「今月の花」はクラインジア属の「麗晃殿(Krainzia guelzowiana)」。高山性カクタスで、ウチでは屋外越冬。真っ白な綿毛に真紅の鈎棘、そして輝くこの花。まさに女王陛下の貫禄です。
あいもかわらず、花の話ですが、宜しくおつきあい下さい。記事に付けにくいコメントはこちらにどうぞ。
スポンサーサイト
2009.07.31 Fri 23:58
カテゴリ: 今月の掲示板
comment(0) | trackback(0) | 記事編集

PAGE TOP

水浴び 

T_ブルボーサ 090731_cIMG_2543
休暇のおかげでいろいろできた。朝イチの歯医者さんに始まって、なかなか有意義な半日だった。
午後は書き物に集中するつもりでいたのに、戻ってきたらウチの外で工事が・・・でも、ウルサイと言ったら気の毒だし・・・あ゛~ツイてない。

写真はチランジア属ブルボーサ(Tillandsia bulbosa)の入浴シーン。「エア・プランツ」といわれているもののひとつですが、水浴びは大好き。涼しげな器でノンビリ・・・というのを見てたら羨ましくなっちゃった!

テーマ: サボテン・多肉植物・観葉植物
ジャンル: 趣味・実用

2009.07.31 Fri 15:44
カテゴリ: パイナップルな人々
comment(2) | trackback(0) | 記事編集

PAGE TOP

こんなのどう? 

食 おでんロールキャベツ090618_cIMG_0963
ハッキリしない天気が続くこのごろ。こっちも少々風変わりにやってやれ・・・というワケで、高原の夏野菜、キャベツをたっぷり食べられるロールキャベツのおでん。
アツアツのこれに、キリリと冷えた日本酒が合う! (^u^)

テーマ: 美味しかった♪
ジャンル: グルメ

2009.07.30 Thu 06:34
カテゴリ: 食べる&飲む(おやじ編)
comment(4) | trackback(0) | 記事編集

PAGE TOP

ピンチ 

コスモス 090725_cIMG_2431
週末は、お江戸で勉強会。ようやく宿もとって、出発気分に。
まる2日、目一杯のスケジュールなので、「まち歩き」はダメかも。会場が渋谷なので、なじみの薄い界隈で楽しみなんだけど残念。
せめて帰る前に江戸博か東博にでも寄り道しよう・・・と作戦を立ててみたものの、TVから伝わってくる空模様が難敵。ずいぶん湿度が高そうで、砂漠派の火星人はフヤケてしまうだろう。週末だけ、晴れてくれないかなぁ・・・ (^∧^)

ちなみに、信州の野辺には、古いコスモス(早咲き種ではない)が咲き始めた。

テーマ: 旅じたく
ジャンル: 旅行

2009.07.29 Wed 06:12
カテゴリ: 旅に出る
comment(0) | trackback(0) | 記事編集

PAGE TOP

あれ? 

食 トキシラズ刺身 090725_cIMG_2454
土曜日に行きつけの店で頂いた「時しらず(時不知)」。トロリとした舌触りと、ふんわりとろけてサラリと流れる脂が最高。お気に入りの日本酒で頂けば、「あぁ、幸せ」。
オヤジさんによれば、去年は全然入ってこなかったけれど、今年は海水温が低いのではないかとのこと。

アレ? でも水温に反応するんじゃ「時知らず」じゃないじゃん???
これは、火星人メの素朴な疑問ですが、聞いてみたら「季節感がない」という名は、日本産の秋鮭をベースにしての命名で、「時しらず」はロシア産の(回遊パターンが別の)ものだとのこと。

じゃあ、やっぱり秋も近いのかなぁ、それとも夏が来ていないってことか。自然なサイクルで届く食べ物は、敏感に天候を反映するのですね。

テーマ: 美味しかった♪
ジャンル: グルメ

2009.07.28 Tue 05:27
カテゴリ: 食べる&飲む(おやじ編)
comment(4) | trackback(0) | 記事編集

PAGE TOP

虫の知らせ? 

ヒオウギアヤメ 090720_cIMG_2362
昨日は、ある山中の寺院址の計測に行った。そこは、大きなお寺の正面に墓地が広がり、その先の斎場の奥を登ったところにある。ときおり小雨がパラつく中、汗だくでヤブ蚊に追われながら数時間働いた。

実は、一昨日も行ったのだが、家を出るときに、なんだか行くのがイヤでぐずぐずした挙げ句、全然気乗りしない状態で出かけた。行ってみたら、件のお寺の駐車場には黒タイの人たちがいてオイラ(作業服なのに)を駐車場に誘導しようとする。あちゃ~(→o←)ゞ、黙礼で謝絶しつつ奥の斎場(いつもここに車を置かせてもらってる)に向かうが・・・やっぱり・・・。
いつもは人気のない斎場が、打ち水をされ、戸口も窓も開いている。これからか、終了後かわからないけれど、故人を荼毘に付す態勢だ。まさか、こんなところに駐車できないし、そんな状況で裏山でガサガサやるのも気が引けるから撤退した。出がけの気分はこれを知らせてたんだな、って自然に納得した。

実は、山岳遭難の記録では、「出がけにぐずぐずした」「気が乗らなかった」「忘れ物・乗り遅れ」などの事例が多く、オイラは山行のときにそういう気分だったら行かないことにしている。(行かなかったこと1回、行って苦しい目にあったこと1回)
「虫の知らせ」を非科学的だと笑われるとしても、少なくとも集中できていない状態なのは事実だろう。それが事故の誘因になるのかもしれない。

蒸し暑い夏に、ちょっと涼しくなるお話でした。

テーマ: 今日のお仕事
ジャンル: 就職・お仕事

2009.07.27 Mon 06:14
カテゴリ: ひとりごと
comment(0) | trackback(0) | 記事編集

PAGE TOP

内閣メルトダウンか? 

総理の「働くことしか能がない」発言をめぐっては、特にネット上で「全文を読めば高齢者を賞賛している」などという的はずれな論評がある。むろん、少数に過ぎず、強弁の意図も見え透いている気がする。

もし、本当に「賞賛」の意図ならば、つづく「60過ぎて、80過ぎて手習いなんて遅い。」をどう説明するのか、是非ともお聞きしたい。
さらに、直前に付けた「(JCの)皆さんと違い」は余計だ。この一言があるゆえに、「皆さんにはいろいろな能力があるが、高齢者は働くしか能がない」という蔑視と受け取るのが自然な表現になっている。
他にも、言い回しに人生の先輩に対する敬意を感じられないものがあるが、細かなことは省略。上記2点だけでも、全体としてみれば、明らかに聴衆のJC関係者に阿諛し、高齢者を侮蔑する文脈になっていると思う。

問題は、一国の総理の立場でこれを言うか、ということだ。自分たちに都合のいいときだけは、マスコミをせいぜい利用しておいて、こういう場面を取り上げられると、「首相の失言や発言のぶれを取り上げ・・・中略・・・それだけで楽しんでいる」とか「国民の程度」とかヒステリックに主張されてもなぁ。
今のマスコミも、何だかなぁ・・・と思うけど、総理も自民党幹事長も、公人の自覚足りないんじゃない?

テーマ: このままで、いいのか日本
ジャンル: 政治・経済

2009.07.26 Sun 16:57
カテゴリ: ひとりごと
comment(0) | trackback(0) | 記事編集

PAGE TOP

 | h o m e |  n e x t »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。