05/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30./07

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- --:--
カテゴリ: スポンサー広告
comment -- | trackback -- | 記事編集

PAGE TOP

今月の花 ~水無月~ (月掲示板/日々の記事は下にあります) 

千歳菊_8 090526_img_0514
【修復】2006年11月まで完了
善光寺のご開帳と Doblog の沈没で5月はあわただしく去り、少ししっとりした生活を送りたいと願うこのごろですが、とりあえず6月第一週は毎日出張。救いは、阿修羅展が見られることという火星人です。今月から副業でカフェのマスターも始めます。  ※.たぶん、コメント画面直りました。もし異状があれば教えてください。
初めてお越しの皆様も、常連の皆様も、ありがとうございます。今月もどうぞよろしくお願いします。

さて、「今月の花」は「千歳菊(Erepsia pillansii)」。説明は5月25日の記事にゆずって、ここでは火星人メが長いこと憧れていた花だとだけご紹介しましょう。花弁のカタチが独特でナズナの種子を思わせます。
あいもかわらず、花の話ですが、宜しくおつきあい下さい。記事に付けにくいコメントはこちらにどうぞ。
スポンサーサイト
2009.06.30 Tue 23:58
カテゴリ: 今月の掲示板
comment(3) | trackback(0) | 記事編集

PAGE TOP

少しずつ本調子 

花蔓草斑入 090627_cIMG_1655
久しぶりに本来?の花をアップできる。
今日の花は「花蔓草(Aptenia cordifolia)」の斑入り。最近になっておいで下さる皆さんは、あまり違和感がないかもしれないけど、実はこのヒト、メセンとしてはきわめて少数派。だって、植物の姿の「世界標準」があるとしたら、あんまりそこから外れていないでしょ?
だから、ウチのテラスではかなりの異端派なのです。

原種に比べると花の色が少し淡いのが残念だけど、花のない時期も楽しめるのはナカナカ。姿はこんなだけど、根性はやっぱりメセンで、乾燥には滅法強いし虫も付かない元気娘。ん?・・・虫が付かないのは箱入り娘か? でも放任栽培だから箱入りじゃないよねェ。 (^^ゞ

テーマ: サボテン・多肉植物・観葉植物
ジャンル: 趣味・実用

2009.06.28 Sun 07:44
カテゴリ: 花を愛でる
comment(0) | trackback(0) | 記事編集

PAGE TOP

命の息吹 

白馬小雪渓火災箇所090625_cIMG_1458
先月、登山者の失火で大規模な火災が起き、あまりの惨状に関係者が心を痛めていた現場が一昨日の仕事場。火災直後は写真の範囲は真っ黒だった。




ハイマツの芽吹き090625_cIMG_1517
種ごと、群落ごとにつぶさにダメージを観察し、一ヶ月前と比較した。木本類で一・二種、深刻なダメージが懸念されるけれど、草本類の多くは致命的なダメージを免れた可能性が高いことが見えてきた。
最も心配されたハイマツは、一部で深刻なダメージを受けたものの、当初の予想よりも強く、赤茶色に変色した枝のあちこちに、動き始めた芽を確認した。
ハクサンイチゲ090625_cIMG_1470
被害直後は真っ黒の焼け野原だった場所から、たくさんの高山植物が力強く芽吹き、早咲き種の花々が咲きはじめている様子は、まさに灰から甦る不死鳥。生命の力強さにあふれていた。

ひとまず存亡の危機は脱したといっていいかもしれないが、当分は定期的に観察しなければならない。なにより、きわめて特異な今回のような火災(失火が疑われる)が全国の貴重な植物群落で繰り返されないために何をしたらいいか考えたい。

ちなみに、ピークには立てなかったものの、一枚目のスラブ状の壁は登った。もちろん、少しでも植物へのダメージを軽減するために選んだルートですよ、誰もついて来なかったけど・・・ (^^ゞ
※.この作業は必要な手続きにもとづいて行っています。

テーマ: 今日のお仕事
ジャンル: 就職・お仕事

2009.06.27 Sat 06:05
カテゴリ: 生命をみつめる
comment(2) | trackback(0) | 記事編集

PAGE TOP

ただいまぁ・・・(´ヘ`;) 

天狗 090625_cIMG_1426
おひさしぶりです~。
昨日は2時間半で四日間のうちの最高所から最低所まで急降下してヘロヘロしてますが、ともかく生きて帰りました。f(^ー^;

白馬山頂方向090625_cIMG_1441

色々考えた四日間の中で一番印象に残ったのは生命って強いな、ってことでした。ま、報告はぼちぼちします。

とりあえず写真は、昨日の仕事場付近です。

テーマ: アウトドア
ジャンル: 趣味・実用

2009.06.26 Fri 05:32
カテゴリ: 頂を踏む
comment(2) | trackback(0) | 記事編集

PAGE TOP

4日ほど旅に出ます 

ヤマツツジ透過光090621_cIMG_1076
今日は県南端の森林で稀少動物に関する現地協議、多分帰宅は深夜(だって、ウチの県の縦断≒本州横断なんだよ!)。そのままバタンキューして、明日からは、県内高山帯の歴史・地質・植物が見事にコラボした案件で泊まりがけの転戦。
これがまた、水平距離も長野県2/3周くらいあるし、累積標高差は軽く5,000mを越えるだろうシロモノ。イキテカエレルダロウカ?
どうやら雨はかわせそうで、白馬大雪渓で冷たい雨とガスで遭難(雪渓のホワイトアウトは洒落にならない)・・・てなことにはならずに済みそう。ただ、一番の心残りは、どこに行っても決してピークに立てないこと・・・あぁ、仕事抜きで山に行きたい。

そんなワケで、しばらく更新やコメントレスができません。ゴメンナサイ。(^∧^)
写真はオイラのおやつ・・・もとい、ヤマツツジの花(おやつの事情はモノローグ)。

では、また金曜に!

テーマ: お仕事
ジャンル: 就職・お仕事

2009.06.22 Mon 06:35
カテゴリ: 旅に出る
comment(0) | trackback(0) | 記事編集

PAGE TOP

みんな一緒 

物見の岩 ゲレンデ下部ハング090621_cIMG_1164
午前中、シトシトと降る雨を横目に、レポートを1本作成。できた!とテラスに出ると、青空が広がっていた。
しめた!とばかりに、支度をして、例のマイ・ゲレンデへ!



物見の岩 ゲレンデ下部 東側090621_cIMG_1019
ねらいは濡れて滑る岩の感触だ。昨日より軽装備で岩井堂観音に着くと、先客がギアの整理をしていた。目の前のハングをやるつもりらしい。挨拶して、こちらはその奥の岩にとりつく。案の定、岩肌は濡れ、一部には水流も見える。もともとグレードが低いんだけど、昨日より緊張感をもってクリア。


物見の岩 ゲレンデ上部090621_cIMG_1025
上の段に着くとまたまた先客。全くぅ、みんな他にやること無いのぉ?!  山ヤの考えることなんて、みんな一緒かぁ・・・(^^ゞ
身のこなしから見て相当やる人なのに、こんなところにハーケン打ってるのは、何かねらいがあるんだろう・・・。

物見の岩と善光寺平090621_cIMG_1111
見ているとルート工作を終えて壁を開けてくれたので、こちらは昨日と違うルートを登ってフリクションを確かめる。上で挨拶して少し話したら、どうやら手首のリハビリに来ていたらしい。写真は物見の岩から善光寺平をのぞむ上杉謙信・・・ならぬ先客さん


物見の岩から善光寺町090621_cIMG_1124
オイラも物見の岩に別ルートから都合3本登って満足まんぞく! 上からは仏都長野が手に取るようだ。

テーマ: アウトドア
ジャンル: 趣味・実用

2009.06.21 Sun 18:31
カテゴリ: 頂を踏む
comment(13) | trackback(0) | 記事編集

PAGE TOP

これが本当なら、総選挙は・・・ 

たまに行く Luxemburg さんのところで気になるエントリ(いまだに自民党を2割も支持?)を見つけた。

四つの数字で国際社会の中の日本の経済・環境指標を示しているが、久しぶりにちょっと焦りを感じた。「長年の自民党政治は・・・」なんて曖昧な(それでも総体としては分かるけど)議論ではなく、非常にはっきりした政策選択の議論が必要だと思う。

たとえば、本文中には書かれていないが、「脱原発」のドイツが飛び抜けて二酸化炭素排出量の削減に成功しているように見えたのは印象的だ。この指標が事実を示すものなら、今の日本の政策誘導(原発推進)は本当に正しいのか検証する必要がある。

それ以前の三つの指標も、データがどれだけ実態を反映するか検証しながら、「郵政選挙」後の日本の政治経済とデータとの関連を充分検討する必要があると思った。もし、コレが事実を正確に反映したデータなら、この数年の政治・経済はアウトだろう。

いま、テレビなどでは民主党の主張に対し、自民・公明がふた言目には「財源・数字」と叫んで主張の中身自体を話題にしない作戦に出ている。しかし、自・公の皆さんには「その金どこから出す」的なミクロ視点だけでなく、世界的な視野の中での「数字」の話を挑んで欲しい。逆に民主党は、こういう視点からのデータを持っているはずなので、「節約すれば金は出る」ばっかりでなく、堂々とグローバルな数字で逆襲して、あらゆる方法で日本の実態を争点にして欲しい。

テーマ: 選挙
ジャンル: 政治・経済

2009.06.21 Sun 08:08
カテゴリ: ひとりごと
comment(2) | trackback(0) | 記事編集

PAGE TOP

 | h o m e |  n e x t »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。