04/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31./06

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- --:--
カテゴリ: スポンサー広告
comment -- | trackback -- | 記事編集

PAGE TOP

今月の花 ~皐月~ 

このところ花冷えが続いていたのに、昨日は一気に夏日でした。いつもの4月の忙しさに籠りきりになり、若葉が萌え始めたのにも今ごろ気づきました。

初めてお越しの皆様、ようこそ。いつも、おいで下さる皆様、ありがとうございます。
記事に直接付けられないようなコメントはこちらにどうぞ。

さて、「今月の花」は「紅玻璃(Dorotheanthus bellidiformis)」。英名は「リビングストン・デージー」と言って、園芸店ではこっちの方が通ってます。
ごきげん良く満開になってるのを見ると、こちらもニコニコ。明るさをふりまくような花です。

あいもかわらず、花の話ですが、どうぞよろしくお願いします。

E-mail:fushigina_haha@yahoo.co.jp


-- 続きを読む --
スポンサーサイト
2007.05.31 Thu 23:59
カテゴリ: 今月の掲示板
comment(3) | trackback(0) | 記事編集

PAGE TOP

ア゛~ 

気がつくと、20,000ヒット越えてた・・・ _| ̄|○
おまけに、もうすぐキリ番だということすら気づいてなかった・・・

このあいだ、MAGU-MAGUさんの記事を見て「ウフフ」と笑ってたのに、やってもうた~

写真は今の気分
金平糖みたいだけど・・・コノテガシワの花です。
食べたら渋くてジンの風味でしょう。 (^^ゞ



2007.05.31 Thu 21:11
カテゴリ: ひとりごと
comment(0) | trackback(0) | 記事編集

PAGE TOP

あのなぁ・・・ 

「国家の品格」だの「美しい国」だのって言葉が飛びかう昨今、中にはイカガワシイ(というより空虚な)ものから、それなりにうなずけるものまでいろいろあるが、他人事ではなくなってきた。オイラもベランダの真ん中で「品格」を叫ばなければならないようだ。

スティーブン・ブラック氏のフィールドナンバーをもつケイリドプシス属ピランシー(Cheiridopsis pillansii SB774)のアリサマだ。淡いピンクの花を咲かせる美しいものだが、はなはだマズいことになっている。増えてくれるのは良いとしても、それなりの品というものが・・・なにも横っ腹裂いて出てこなくても・・・ねぇ。



2007.05.31 Thu 18:09
カテゴリ: 栽培日誌&研究データ
comment(0) | trackback(0) | 記事編集

PAGE TOP

艶姿 

先日、初開花を紹介したランプランツス「麗景菊(L.roseus)」の艶姿です。深い紫紅色がなんとも美しい。




私は、この花の色が「rose」という学名にピッタリだと思うんですが、どうも「薔薇色」というのはいわゆる「ピンク」みたいです。日本語でも一言でピタッとは表せない(単に語彙が少ないだけか?)ので、もどかしいです。和・洋・中(オイ、晩飯か?)をとわず、この色をあらわす上手い単語はないでしょうか?


-- 続きを読む --
2007.05.31 Thu 07:08
カテゴリ: 花を愛でる
comment(1) | trackback(0) | 記事編集

PAGE TOP

君の名は 

風に揺れる花にふとカメラを向けると、見たことのない花だった。写真を撮らなければ気づかなかったかもしれない。ちょっとカメラを持っているだけで見える世界が変わってくる。

ところで、このお嬢さんの名はなんと・・・?



-- 続きを読む --
2007.05.30 Wed 19:40
カテゴリ: 写真を撮る
comment(0) | trackback(0) | 記事編集

PAGE TOP

姫のイナバ 

以前、発芽をアップした「プリンセス・パール」です、いよいよギッシリ、大変なことになってきました・・・と思っていたら・・・なんと軸がぐいっと反り返って「イナバウアー」しとる!!
どうやら、新芽が少ない側に反って、成長スペースを確保する作戦らしいです。オドロイタ~




植物の知恵には驚くばかりですが、そうは言ってもこれはムリでしょ~。きっと時間差作戦だナ




2007.05.30 Wed 05:50
カテゴリ: 栽培日誌&研究データ
comment(0) | trackback(0) | 記事編集

PAGE TOP

どうだ! 

これまた「名前はわからんけど、綺麗だからイイや!」シリーズです。
ほぼ、真っ赤に咲いて、花期後半はすこしピンクがかるランプランツス属。一応、「マツバギク」というラベルで売られていたけれど、あてになりません。ランプもデロスもその名で売ってるモン。この名は本来「L.spectabilis」に対応するもので、それとはあきらかに違います。たぶん、「飛香菊(L.multiradiatus)」だけど、証明できないのが残念。




「どうだ!」と言わんばかり、思いっきり豪華に咲き誇って見せてます。太陽より月に神秘と美を感じるオイラとしては、「ちょっと威張りすぎ~」と思うくらいの満開。でも、ここまであっけらかんと咲かれちゃうと、イヤミは感じません。




真っ赤な花に、印象的な白い花芯。う~ん、豪華!
だけど、もう一つの「残念」は、派手すぎて壁紙にできないってことです。何かイイ手はないでしょうか?



2007.05.29 Tue 21:19
カテゴリ: 花を愛でる
comment(0) | trackback(0) | 記事編集

PAGE TOP

 | h o m e |  n e x t »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。