03/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30./05

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- --:--
カテゴリ: スポンサー広告
comment -- | trackback -- | 記事編集

PAGE TOP

温故知新のエケベリア 

Echeveria cante 植え替え後 160606_cIMG_0543
多肉植物の世界も、第何次だかのブームで、業者さんはてんてこ舞いらしい。先日、久しぶりに、なじみの農園をのぞいてみると意外に古くからの名品が置いてないことに気づいた。あっれ~、そういうブームって続くのかなぁ? なんだか、バブル期の狂躁を見る思いだった。

オイラは、新しいもの(特に交配種)も良いモノは拒まないけど、多くの人に愛された名品(スタンダード)が好きで、多肉を引退してもいくつかは手元に置いている。休みだったので、今日、植え替えたウチのスタンダード、エケベリア属の「カンテ(Echeveria cante)」です。昔は「スブリギダ(Echeveria subrigida)」でした・・・って話が通じる方はオールドファンです。ヾ(;´▽`A``

やっぱり、イイですね。葉の縁に紅を刷いた、青磁のような色合いと凛とした姿が好き。


スポンサーサイト
2016.06.06 Mon 19:43
カテゴリ: スタイリッシュな人々
comment(0) | trackback(0) | 記事編集

PAGE TOP

「青の呪文」 

蘭 Yzwr_Blue Star 蕾 160523_cIMG_0373
このところの暑さで一気に蕾が色づいた「ブルースター(Yonezawaara ' Blue Star ')」です。ヨネザワラという属は交配で作出された属で、いまのところ1属1種。フウランにリンコスティリス属のランを掛け合わせたネオスティリス属(Neostylis)に、さらにバンダ属を掛け合わせたそうだ。

花の形はフウランに似ているけれど、フウランにはない青紫の花色が鮮やかだ。流通しているものには花容や香りの強弱に個体差がある(たぶん姉妹株が複数あるのでしょう)らしく、この個体は色が鮮やかだけれど香りは感じない。
このテラスの趣旨?に照らすと掟破りなのだけれど、深みのある青紫色が気に入っている。

ふと心づいて数えてみると、ウチの棚には「ブルースター」以外にも「パープルシャドー」「紫姫」「藤姫」「ブルームーン」「パープルアイ」「藤娘」という「青み」を感じさせる名前の人々がずらり。最後の「藤娘」だけは桃花だけど、あとはそれぞれ個性のある青紫系の花だ。香りもあって独特の花色なので、交配種が少ないウチの棚では毛色の違う集団をなしている。オイラは青い花が好きなので、いつの間にやら大派閥ができていたのだ。

青チームの筆頭といえば、このヒト。
蘭 Den_victoria-reginae 満開 120710_cIMG_5388
「ビクトリア・レギナエ(Den. victoria-reginae)」という、デンドロビウム属の原種で、なんとも鮮やかな青紫色の花だ。どうも、オイラは「青の呪文」に捕らえられているらしい。ヾ(;´▽`A``


2016.05.24 Tue 04:29
カテゴリ: スタイリッシュな人々
comment(0) | trackback(0) | 記事編集

PAGE TOP

本調子 

Chamaecereus 白壇 成長開始 120401_img_1090
当店が再開して一ヶ月、ようやく多肉系の登場です。(*^。^*)
おっと、「こりゃサボテンだろ」なんて突っ込まないでくださいよ、お客さん。オイラはサボと多肉植物の境界には良い意味でルーズなのだ。
多肉植物の定義は「普通じゃ腊葉標本(さくようひょうほん/押し葉のことだと思えばOK)にできない植物」だと思ってますから、不毛な争いはする気なーし! んで、孤高を守りたいサボテン派(逆もまたしかり)の方にも配慮して「系」って書いたので勘弁してね~ v( ̄∇ ̄)

ま、そんなワケで、今日の写真は「白壇(Chamaecereus silvestrii )」です。カクタス科(早い話がサボテンのこと)は、南北アメリカ大陸に偏って分布する多肉植物で、このヒトは一属一種だす。花は綺麗で、ウチでも何度も掲載してるから検索すれば写真が見つかるだろうけど、楽しみがなくなるからお勧めしないかも・・・ ヾ(;´▽`A``
事実、小さな蕾のモト(普通と違う棘座)がすでに見えているので、開花をお楽しみに!

紫色に染まっているのは低温&過乾燥のためで、こうなるととても花付きが良くなるのです。久しぶりにウチらしい植物を登場させるにあたって、この季節に美しく装っているヒトに登場していただいた次第。さしずめ「紫の上」といったところでしょうか・・・

テーマ: サボテン・多肉植物・観葉植物
ジャンル: 趣味・実用

2012.04.04 Wed 06:13
カテゴリ: スタイリッシュな人々
comment(0) | trackback(0) | 記事編集

PAGE TOP

期待! 

Echinocereus 紫太陽 出蕾か 100610_cIMG_1246
~本日2つめのエントリです~
5月の復活以来、このところ多肉以外の写真が多すぎた。そろそろ、原点回帰を図ろうか、、、と思っても、メセン類の花期はマダだし、美味しいものや美しいものは他にもあるし、、、いまさら少し無理な気もするけどちょっとだけガンバル。

さて、1枚目の写真は、6月10日撮影のサボ君。棘座の異変に「もしや!」と思って撮っておいたもの。
Echinocereus 紫太陽 蕾成長中 100627_cIMG_2034
そして、2枚目は今日の写真。<( ̄^ ̄)>えっへん!
見事に読みが当たって、蕾が生長していた。
このサボ君は、あまり花を咲かせないタイプなので、嬉しい。たまに咲くと大輪の見事な花が陽光に輝く、、、予定。o(*^^*)o

エキノケレウス属の「紫太陽(Echinocereus rigidissimus var. rubispinus )」といって、高地性の小型柱サボテン(ケレウスと名が付く系統)です。氷点下10℃を下回ることもあるウチのベランダで完全断水で越冬してくれる健気なヒトとして、絶大な人気(誰の?)を誇っています。花が無くても棘(しかも痛くない)が綺麗で良いんですが、何と言ってもちゃんと咲くとそれは見事なのです。乞うご期待。


テーマ: サボテン・多肉植物・観葉植物
ジャンル: 趣味・実用

2010.06.27 Sun 13:05
カテゴリ: スタイリッシュな人々
comment(0) | trackback(0) | 記事編集

PAGE TOP

本日のおすすめ 

Cotyledon 銀波錦 100313_IMG_0836
いらっしゃいませ。
本日のおすすめスイーツは、ホワイトチョコのチョコ・フレークでございます。

・・・もしかして、「カフェテラス」として開店後、初めてそれらしい台詞を口にしたかもしれない。。。 (*^-^*)>

今日はホワイト・デーというわけで、ご来店の皆さまには、老若男女を問わず押しつけてしまうキャンペーン中です。(^。=)☆

Senecio 銀月 100220_cIMG_7718
え? フレークはガサゴソして嫌い?

そういうお客様には、特製のホワイトチョコバナナもございます。お好きな方を召し上がれ。

ナニ? 成分表示がない? ・・・ハイハイ、決して怪しいものではございません。
ホワイトチョコフレーク:銀波錦(Cotyledon undulata)
ホワイトチョコバナナ:銀月(Senecio haworthii)

テーマ: サボテン・多肉植物・観葉植物
ジャンル: 趣味・実用

2010.03.14 Sun 05:56
カテゴリ: スタイリッシュな人々
comment(6) | trackback(1) | 記事編集

PAGE TOP

 | h o m e |  n e x t »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。