09/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31./11

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- --:--
カテゴリ: スポンサー広告
comment -- | trackback -- | 記事編集

PAGE TOP

山への畏れ 

岳 戸隠(西岳~本院岳) 山笑から 161226_cIMG_1120
今年、お世話になった皆さんに年末のご挨拶をするために戸隠に行ってきた。夏から秋に何度も通ったときには、なかなか姿を見せてくれなかった戸隠連峰が、今日は雪雲を背景にくっきり見えた。

色々な季節にこの山を眺めてきたけれど、オイラはやっぱり雪の季節が一番だと思う。それは、山の厳しさがひしひしと感じられるからだろう。たぶん戸隠信仰の原点に深く関わる感覚で、向き合ったときに自然に背筋が伸びる感じだ。

今年もありがとうございました。 (^人^ )

スポンサーサイト
2016.12.26 Mon 19:41
カテゴリ: ひとりごと
comment(0) | trackback(0) | 記事編集

PAGE TOP

「投了」もしくは「参った」という作法 

F チューリップ 雪の中で 130421_cIMG_1166
米紙ニューヨーク・タイムズが報じた猪瀬知事の「イスラム諸国で人々が共有しているのは唯一、アラーだけ。けんかばかりしている」という発言は、さまざまな波紋を引きおこしているけれど、このエントリで重ねてそれを説明するのはやめる。

オイラが書きたいのは、トルコの反応のことだ。むろん、政治家から市民まで様々な反応があるのだろうが、ここではトルコのクルチ青年スポーツ相の発言に注目したい。報道によれば、彼は29日までにTwitterで遺憾の意を示す一方で、「われわれは日本人を愛しているし、日本人の信条や文化を尊重する」と述べたのだそうだ。
そして、きわめつけはコレ、「われわれはトルコ人と日本人が数世紀にわたり維持してきた友情と互いに尊敬し合う関係を極めて重視している」という発言だ。
これはもちろん、1890年(明治23年)のエルトゥールル号遭難事件に始まる両国の友好関係を指したもので、猪瀬氏の謝罪を受け入れた上でこんなことを言われては、完全に「勝負あった」というものだろう。

トルコはもともと地理的にアジアとヨーロッパの架け橋で、文化的にもイスタンブールに象徴されるようなキリスト教とイスラム教が融合した魅力をもつ国だ。合衆国を旗頭にする陣営が十分な証拠もないままにイスラム圏の国々に戦争を仕掛けるなどして世界に生み出された「憎しみの連鎖」を断ち切るためには、最適の開催国と言えるだろう。
これは実は、わが国もある程度は主張できる点で、キリスト教国とイスラム圏との対立が先鋭化したとき、日本はその架け橋となれる柔軟性や多様性をもっている。実際、これまでイスラムの人々は日本に対しては、米英などに対する態度とは一線を画する対応をしてきた。日本が本当の意味で世界のためにオリンピックの負担を担おうとするなら、その点を訴えれば良かった。

しかし、最近の日本は「嫌△」などという言葉で特定の国の人々を排斥しようとしたり、いたずらに隣国との緊張を高めたりと、本来日本人が持っていた柔軟性をどんどん失っているように見える。そこに、今回の猪瀬発言だった。オリンピック招致の話に限らず、これによりわが国への信望は少なからず傷つけられただろう。そして、五輪招致にかかる一定の計算があるとしても、トルコ側が示したこの度量、これこそが日本が本来持っており、大切にし続けなければいけないものだった。

この度量を示されてしまえば、もはや日本は投了すべきかもしれない。どうしても最後まで競いたいと言い張る人の気持ちもわかる。しかし、せめてトルコと日本が決選投票になったならば、サラリと譲るというのはどうだろう。今回の五輪開催を断念したとしても、その方が未来の日本と日本人に大きな自信と誇りを遺せるのではないだろうか。

写真はトルコに敬意を表して。

テーマ: これでいいのか日本
ジャンル: 政治・経済

2013.05.02 Thu 22:47
カテゴリ: ひとりごと
comment(1) | trackback(0) | 記事編集

PAGE TOP

さぼってるな~ 

Animal ワオキツネザル 須坂動物園 130209_cIMG_0354
このところ「さぼりモード」に入ってしまった。ヾ(;´▽`A``
日頃の行いが祟って、忙しくなっちゃったのだ・・・(自業自得)

コラ、しっかり働け! って言われてるような気がするけど、このヒトは「ワオキツネザル」と言って、マダカスカルのお猿さんらしい。
先日、須坂市の動物園でエサをあげたときの写真。小さな手で指を握られたら、柔らかくて暖かかった。

さーて、今日も現場に行きますか!(現場が杉林なのでちょっとひるんでいる)


テーマ: 写真
ジャンル: 趣味・実用

2013.03.17 Sun 06:08
カテゴリ: ひとりごと
comment(0) | trackback(0) | 記事編集

PAGE TOP

寒波 

夜光 灯明祭り 善光寺本堂 130209_cIMG_0369
おぉっ? 新潟県で大雪警報? あら~、こちらにもおすそ分けが来ちゃうかなぁ? ヾ(;´▽`A``
この二三日、これまで怠惰だった寒気が最後に帳尻あわせをするように頑張っているような気がする。でも、どうやら日が差してきたようだ。(*^_^*)v
この寒波が最後の大物であってほしいな~

写真は今年の灯明祭りで撮った善光寺本堂。

テーマ: 日記
ジャンル: 日記

2013.02.21 Thu 07:39
カテゴリ: ひとりごと
comment(0) | trackback(0) | 記事編集

PAGE TOP

今日から本格始動 

一華 龍字 開花 130217_cIMG_0411
雪はほとんど降らなかったけれど、地面の雪がほとんど溶けない週末だった。年も改まり(今頃かよ?)、少し思うところもあって今日から休業していたテラスを本格再開することにした。昨年の暮れに二人ほどの読者さんから応援の声をいただいたと思ったら、思いがけない方からも年賀状でプレッシャーがかかったのが背中を押してくれたようだ。

写真は昨日開いた「龍字(Cym. goeringii ' lóng-zì ')」をとりあえずスナップで。断水して書斎に取り込んでいたため、香りが漂って初めて開花に気づくていたらく。
申し訳ないという気持ちのせいか、蘭子さんの中で一番オテンバの「龍字」が妙にしおらしく見えるけど、たぶん錯覚だろう。そうは言っても香りは素晴らしく、こんがらがった原稿を読み返していてもイヤにならない・・・。
それって比喩なのか?!!(>< ;)☆◯(▼▼ )o

なにはともあれ、今年最初の一茎一華の開花をもって、春の到来、テラスも再開といたします。お久しぶりの皆さま、はじめましての皆さま、いずれもどうぞよろしくお願いします。
最初から飛ばすとバテるので、今日はこのあたりで。(^_^)ノ""""

壁紙リンク
壁紙アリ! →@START!壁紙館

テーマ: お知らせ
ジャンル: ブログ

2013.02.17 Sun 19:11
カテゴリ: ひとりごと
comment(0) | trackback(0) | 記事編集

PAGE TOP

 | h o m e |  n e x t »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。