09/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31./11

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- --:--
カテゴリ: スポンサー広告
comment -- | trackback -- | 記事編集

PAGE TOP

ウチの金銀 

風 銀雪(左)と金龍(右) 160523_cIMG_0379
写真は長生蘭(セッコク)の「金龍」と「銀雪」だ。「銀雪」は「銀龍」という母種の覆輪が太くなったものだから、モトを正せばこの写真は「金龍」「銀龍」のツーショットと言ってもイイ。
んで、「金・銀」の由来は黄覆輪(金)と白覆輪(銀)なのだ。さ~て、どっちがどっちだ? (>▽<)b ♪


結論からいえば、この季節の親木の葉ではほとんど区別不能!
どちらもオイラが好きな「萌黄覆輪」といえそうな色だからお気に入りなんだけど、こんなに紛らわしかったかな~。 ヾ(;´▽`A``
でも、新木を比べると簡単に識別できることに(今ごろ)気づいた。
左の株の根本からのぞいている新木の葉は明らかな白覆輪で、こちらが「銀雪」だ。「金龍」の若葉は見えないけれど、写真よりさらに緑の濃い文字通りの「萌黄覆輪」なので一目瞭然だった。
だからナンダと言われても困るけど、ウチの金銀そろい踏みでした。


スポンサーサイト
2016.05.26 Thu 02:18
カテゴリ: パンダな人々
comment(0) | trackback(0) | 記事編集

PAGE TOP

簾(すだれ)の美 

蕙 玉簾 160420_cIMG_7762
古典園芸に縁がない方にはナンノコッチャと思われるかもしれませんが、この風情がなんともイイんです。
写真は、細葉蕙蘭に分類される園芸種で「玉簾(Cymbidium ensifolium ' Gyokuren ')」というもの。分類上あいまいな「魚魫蘭(玉珍・玉魫)」というグループに分類されている。このグループは、素心で特に香りが良いのが共通点で、園芸名に「簾」の字が使われるものが多い。ウチには他に「愛晃簾」「白簾」もいる。

簾というのは、細かな縞柄を簾越しの光にでも見立てて名付けたものだろう。写真の一鉢も、実に細かな縞柄を乗せた葉をゆったり伸ばしている。柄自体はかなり華やかなのに、全体としては落ち着いているのもこの株の好きなところだ。白の縞だともっとシャープな感じになるだろうけど、黄縞なので紺地に馴染んであまり派手に感じない。
ちなみに、「玉簾」と「白簾」は同じものの斑色が白か黄色かという違いで呼び分けられたものだそうだ。葉(芽)変わりで選抜されているものだから、基本的には同じ植物なんだけど、同じ縞柄でも斑色の差がもたらす印象の違いを楽しんだのだろう。

富貴蘭(古典園芸の対象となったフウラン群)にも「御簾影」と呼ばれる品種があって、紺地に萌黄縞の柔らかい雰囲気がオイラは大好きだ。まもなく、フウランの葉がきれいな季節になるので、そのときは写真をアップしたい。
あ、新カテゴリの「パンダな人々」は、「まだら」や「ぶち」の印象かもしれないけれど、今回のストライプさんも含め、柄物の植物たちの話題です。

2016.05.07 Sat 03:33
カテゴリ: パンダな人々
comment(0) | trackback(0) | 記事編集

PAGE TOP

 | h o m e | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。