03/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30./05

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- --:--
カテゴリ: スポンサー広告
comment -- | trackback -- | 記事編集

PAGE TOP

石の上にも 

風 青晃墨の根 160512_cIMG_0248
じつは、ウチのフウランやセッコクはチョイとばかり変わった栽培方法になっている。古典園芸としてこれらの植物を愛培されている方々は、一般に水苔植えにしておられる。
ところが、水苔には一つ大きな欠点があって、一度乾いてしまうと灌水のときに水をはじいてしまうのだ。多肉植物の栽培から蘭に移ったオイラは、ケシカラヌことに結構乾かしてしまうのだ・・・

もっとも、「東洋蘭(といっても、春蘭などシンビジウム属でしょう)は、どのくらい水やりをガマンできるかが勝負」という方もおられるから、乾かすこと自体は罪とはいえないだろう。・・・てか、乾かすのは得意。(威張ってどうする)
でも、「水を良くはじく水苔」にホトホト手を焼いたオイラは、軽石を主体とした中粒の石と、水をよく吸う素焼きの鉢による、いわば「石植え」という暴挙に出たのだ。「石植え」というと乱暴に聞こえるけれど、中国春蘭、蓮弁蘭、蕙蘭の仲間は、大まかに言って日本全国津々浦々で「石植え」に近い方法で栽培されているのだから、まるきり無謀なやり方ではないのだ。要は、「暖かい地方の樹上に着生し、ちょくちょく雨は降るにしても、いつもじゃぶじゃぶ根っこが水に浸かっているわけではない」って環境を水苔以外の植え込み材で実現すればいいって作戦だ。

写真は、そんな環境で今年の成長を始めた「青晃墨(Vanda falcata ' Seikouboku ')」の根。

スポンサーサイト
2016.05.21 Sat 01:18
カテゴリ: バニラな人々
comment(0) | trackback(0) | 記事編集

PAGE TOP

鳳という偶然? 

風 鳳 植え替え後の葉 130502_cIMG_1257
写真は、最近ウチにお嫁に来た富貴蘭の「鳳(Neofinetia falcata ' Ohtori ')」という個体。紺地の良い葉に、すっきりした萌黄の中斑縞が通っている(葉先までは抜けない)。紺地と縞のバランスが良くていっぺんで気に入った。元来、オイラは御簾影とか青光墨とかの地味な柄の個体が好きなので、ツボにはまった感じだ。ヾ(;´▽`A``

ところで、このエントリで言いたいのは「鳳」の字を持つ東洋蘭のことだ。魚魫蘭の「鳳」、日本春蘭の「鳳凰殿」など、「鳳」の文字が名に入るものは美しい中斑の品種だ。今回の「鳳」を手にして、もしかすると中斑縞の逸品に意図的に「鳳」の字をあてる不文律でもあるのかな~などと勝手に想像してしまったというお話なのだ。だからどうした、と言われると困るんだけど、ちょっとひらめいたGWの朝なのだった。おしまい。

テーマ: 園芸
ジャンル: 趣味・実用

2013.05.03 Fri 18:50
カテゴリ: バニラな人々
comment(0) | trackback(0) | 記事編集

PAGE TOP

すましっ娘 

風蘭 舞扇 120320_cIMG_2045
春のモードセレクション、二人目のモデルは「ミステリアス」つながりで「舞扇(Neofinetia falcata ' Mai-Ougi ')」。
おーい、、、だれだよ、後ろから割り込んでるのはっ? あーあ、修学旅行の写真みたいになっちまった・・・。ちなみに犯人は「朱天王」だけど、そっちはいずれ色花の部でお縄にすることにして、今回は「舞扇」が主役。

このヒトは、カッチリ詰まった感じの葉と、整った襟組が特徴で、どうやら命名者は同じ特徴の「十二単」を念頭に置きながら、植物の姿と十二単につきものの「檜扇」あたりから名前をひねり出したんだろうな~、と想像している。
もっとも、「舞扇」は名前負けしない芸達者で、日照が強ければ曙虎が現れるし、ご覧のようにアントシアニンをしっかりもっているので、花は紅花で、しかも変わり花らしい。「らしい」ってのは、オイラは咲かせたことがないし、写真すら見たことがないからなのだ・・・ ヾ(;´▽`A``
今年は、そろそろ初花が咲いてもおかしくないので大いに期待することにしよう。それにしても、この株のルーツはなんなんだろう?

テーマ: 花と生活
ジャンル: 趣味・実用

2012.03.22 Thu 04:58
カテゴリ: バニラな人々
comment(0) | trackback(0) | 記事編集

PAGE TOP

おしゃれっ娘 

風蘭 茜富士 水上がる 120320_cIMG_2043
先日来の灌水で水が上がってきて、写真を撮って欲しそうな顔をしてる蘭子さんが増えてきたのでパチリ。

春のモードセレクション、最初のモデルは「茜富士(Neofinetia falcata ' Akane-Fuji ')」。蘭界では「散斑」に分類される(それは事実)けど、白や黄色に完全に抜けない「海苔斑」が好きなオイラは、そっちを力説したいのだ(超少数派)! 微妙な淡緑色が綺麗でしょ?

このヒトはちょっとミステリアスで、その出自をオイラはいまだに知らない。登録情報はないようだけど、ずいぶんお洒落なので、古典種の実生選抜なのかな、と想像している(だったら「N. falcata cv.」かな?)。株が充実して来たので、この夏は花にもお目にかかれるかもしれない。フウラン属の花といえば、なんともいえない香りがしてお気に入りなのだけれど、あれは「すっきりしたバニラ」だとかねがね思っていた。元々、バニラだって蘭なんだから、似たような香りがあっても不思議はないと思って、それ以上追究しなかったんだけど、そんなことを書いて古典園芸ファンに笑われたらイヤだからググってみた。

ふーむ・・・ 同じラン科でも、フウラン属はバニラ属とはわりと離れてる感じ。むしろ、「セッコク亜科」に属するという意味では、デンドロビウム属(日本産は「石斛」)の方が近いようだ。おまけに、フウラン属がバニラの香りの主成分「バニリン」を含有しているというデータも、ざっと見たところでは発見できなかった。ただ、オイラと似たような感じ方をする人も珍しくないみたいで、「フウラン+バニラ」で検索したらブログ記事などがざくざく見つかった。ちょっと安心。
この続きは、フウランの咲く夏の宵にでも、あらためて・・・ ( ^。^)ノ

テーマ: 花と生活
ジャンル: 趣味・実用

2012.03.21 Wed 04:36
カテゴリ: バニラな人々
comment(0) | trackback(0) | 記事編集

PAGE TOP

 | h o m e | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。