07/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31./09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- --:--
カテゴリ: スポンサー広告
comment -- | trackback -- | 記事編集

PAGE TOP

今のうちに・・・ 

歴 善光寺三門 灯明祭り 120211_cIMG_1423
今朝は少し冷え込みましたが、そうはいっても春の足音は日々大きくなっていますので、冬眠していた間の写真を急いでアップします。

これは、2月半ばに開催された「灯明まつり」のときの善光寺三門。今年は、東日本大震災からの復興を願って、朝焼けをイメージしたライトアップだそうです。

そう言われてみるとなるほど・・・という感じでした。

スポンサーサイト

テーマ: 建物の写真
ジャンル: 写真

2012.03.14 Wed 07:00
カテゴリ: 街のあかり
comment(0) | trackback(0) | 記事編集

PAGE TOP

雪と光の祭典 その1 

夜光 刈萱山西光寺 山門 100207_cIMG_7501
2月6日から14日まで第7回「長野灯明まつり」開催された。「長野オリンピックの開催を記念し、平和を願う精神を後世に伝えよう」という趣旨で、善光寺を中心に五輪旗の色のライトアップをし、コンサートなどいくつかのイベントも開催される。
写真は7日に撮ったもの。駅前を通りかかったら予想外のところに光があふれていたので覗きに行くと、善光寺とゆかりの深い「刈萱堂」でもライトアップが行われていた。

夜光 刈萱山西光寺 本堂 100207_cIMG_7506
正確には刈萱山西光寺と言って、謡曲「刈萱」をはじめ、説経、浄瑠璃など数々の古典に登場する刈萱上人と石堂丸の供養塔がある古刹だ。最近は、刈萱の物語や、十王図などを題材に絵解きをしてくれることでも知られる隠れた名所なのだ。
ここでは、「4色」の光がゆっくりと変化しながら本堂を照らしていた。なんで「4色」なんだって? そりゃ、「黒」が困るからなのです、、、って冗談のようなホントの落とし穴なのでした。

テーマ: 長野県
ジャンル: 地域情報

2010.02.16 Tue 06:27
カテゴリ: 街のあかり
comment(0) | trackback(0) | 記事編集

PAGE TOP

聖夜 

夜光+HK21のチャペル 091224_cIMG_6898
職場を出ると、まだそんなに遅くはなかった。微かに聞こえるパイプオルガンの音にひかれて本来の家路とは違う方にフラフラ・・・。

ちょっと驚いたのは、音源がホテルに併設されたチャペル?だったこと。正直に言うと、このテの「結婚式専用教会」みたいなのは眉唾だと思っていたからだ。
クリスマスのイベントでもなさそうで、あたりにお客さんはいない。扉の前では神父さんだか牧師さんだか分からないけど、黒服の方が黙々とミサのようなことをしているのが見えた。
クリスチャンじゃないんだけど、何となく厳粛な気持ちになった。もう一軒?古くからの教会の前を通ると、こちらもちょうどミサを終えて神父さんが信者さんたちを送り出しているところだった。今年のイブは華美なイルミネーションとは別の大切な世界を見た。

テーマ: 夜景
ジャンル: 写真

2009.12.25 Fri 05:03
カテゴリ: 街のあかり
comment(4) | trackback(0) | 記事編集

PAGE TOP

 | h o m e | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。