09/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31./11

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- --:--
カテゴリ: スポンサー広告
comment -- | trackback -- | 記事編集

PAGE TOP

春だ 

F_ナバナ 咲き始め、岐阜 130226_cIMG_0440
今年は、昨日出かけた岐阜で春の象徴と出会った。しかも、民家の庭先の白梅、田んぼの菜の花、畑の片隅に咲く水仙の3連発だった。なんだか、ほっこりした気分になった。

1枚目の写真は菜の花、よく見ると周囲には「春の七草」系の丈の低い草たちがびっしりと生い茂っていて、「春だなぁ」と感じさせてくれた。

F_サザンカ 季節外れの満開 130226_cIMG_0436
でも、不思議なのは西岐阜駅前の山茶花(2枚目)で、間違いなくサザンカで椿じゃないんだけど、どう見ても満開だった。
どうして今ごろ?と思ったけれど、サザンカの仲間は椿との交配で春に咲く系統があるらしい。この世界はディープで、とてもじゃないけどオイラには葉が立たないので、「雄蘂が束になってないから一応サザンカ」ってことにさせといてくらはい。ヾ(;´▽`A``

岐阜っていうと北アルプスの向こう側だから、「同じ山国」と勝手に思っていたけれど、それは飛騨の話で、美濃は濃尾平野から続く暖地なんだな~て、あらためて感じた旅だった。

スポンサーサイト

テーマ: 写真
ジャンル: 趣味・実用

2013.02.27 Wed 07:34
カテゴリ: 花を愛でる
comment(0) | trackback(0) | 記事編集

PAGE TOP

きらきら 

Lampranthus aureus Orenge-Moon 120408_cIMG_2482
オレンジ色のこの花が開くと、自然に顔がほころびます。
暖かいところに置いておいたので、早くも昨日満開。チト、タイミングを間違えた・・・ ヾ(;´▽`A``

ランプランツス属の「オレンジ・ムーン(Lampranthus aureus ' Orenge-Moon ')」です。導入されたばかりの頃は、これの黄花が「金烏菊」と名付けられたようです。
ランプにかぎらず、メセンの花びらは金属光沢が美しいです。

ん? 「メセン」って何だ、ですって?
(ー’`ー;) ウーン
ずいぶん、長いことメセンの記事書いてないもんなぁ・・・
ま、今日のところはスルーしよう。あのキラキラの花びらが花弁じゃないなんてことも、脱皮するなんてことも、ぜーんぶスルーなのだ。
またの機会をお楽しみに!

テーマ: サボテン・多肉植物・観葉植物
ジャンル: 趣味・実用

2012.04.09 Mon 06:10
カテゴリ: 花を愛でる
comment(0) | trackback(0) | 記事編集

PAGE TOP

天罰 

F グロリオサ 120327_cIMG_2341
仕事が怒濤のごとく襲ってきて、大変なことになっている・・・
そんなわけで、「今日はテキトーな写真でいい加減なエントリをアップしてごまかしてしまおう」という悪い心で、先日泊まったホテルのロビーで撮った写真を引っ張り出した。

鼻歌混じりで必要な画像処理をサクサク進め、「ファイルに名前を付けて保存」まで進んだとき・・・
あっれぇ? (^。^;)
オイラ、この花の名前を知らないじゃないか! どこでも見かける花なのに・・・

慌てて写真を見直すと、その雄蘂は見るからに「ユリ科」、なるほど、と「ユリ科」で画像検索・・・出た出た。
なるほど「グロリオサ」って言うんだ・・・ (  ̄O ̄)ほ~

・・・と、ちっとも手抜きにならなかったの巻(笑)

テーマ: 花と生活
ジャンル: 趣味・実用

2012.04.05 Thu 06:13
カテゴリ: 花を愛でる
comment(0) | trackback(0) | 記事編集

PAGE TOP

君の名は 

F マーガレット・コスモス 120329_cIMG_2347
ご無沙汰しました。
チト、恐怖の人間ドックに泊まりがけで行っておりましたが、無事に無罪放免となりました。
不届きな同僚たちは、口々に「ありえね~!」などと申しておりましたが、それは、日頃の運動量のなすわざでありましょう。( ̄∇ ̄)v
仕事の現場が山ばっかなんですから(笑)

んで、帰りがけに見かけたこのヒトが、今日のテーマ。仕事柄、変なものを見るとたちまち惹かれてしまいます。
見たところキク科の外来種です。葉っぱはマーガレットの葉が丸みを帯びたような感じで、木本類のような立派な幹?をしています。
・・・って、それ絞り込み条件になるんかっ?
だいたい、キク科の外来種なんて、セイヨウタンポポからはじまって、セイタカアワダチソウだのオオキンケイギクだの、どうにも凶暴?そうなヤツがたくさんいる・・・。おまけに花色は黄色だなんて、なんの足しにもなりゃしない。ググってみても膨大な「特定外来生物情報」が現れるだけ。(笑)

幸い、「木本」が功を奏して、なんとか答えにたどり着いたようです。
名前は通称「マーガレット・コスモス」、ネット上では学名が2・3通り言われているのですが(笑)、この写真の個体については Steirodiscus euryopoides を採りましょう。ネット上では有力な対抗馬?に「ユリオプス属」があります。ステイロディスクス属もユリオプス属も南アフリカ産なので、耐乾性は強いはずですが、後者の茎や葉の表面は銀白色になるようですから、これは除外して良いでしょう。もっとも、園芸植物として導入されたんでしょうから、本当に「マーガレット・コスモス」の名で属を越えた複数種が導入された可能性も大いにあるでしょう。ネット上で錯綜している情報も、そのあたりが原因かもしれません。

テーマ: 花と生活
ジャンル: 趣味・実用

2012.03.29 Thu 05:30
カテゴリ: 花を愛でる
comment(0) | trackback(0) | 記事編集

PAGE TOP

春の知らせ 

Echeveria 錦晃星 開花 120304_img_1031
皆さま、おはようございます。ウチの蘭子さんは昨日、一華の「竜字」が開いたんですけど、チト多忙で三脚据えていられなかったので、明日以降のお楽しみにさせてください。

というわけで、今日は代打の、、、!!(>< ;)☆◯(▼▼ )o
い、イャ、困ったときの救世主の「錦晃星(Echeveria pulvinatavarieg )」です。花自体は派手じゃないんですが、開花のときには心楽しくなる可愛い花です。(毛むくじゃらだなんて怖くて言えない・・・)

今日はお江戸出府で去年の帰宅難民(東京駅から新宿駅まで歩きました)を思い出しに行くかのようなタイミングだす。その後、何度も行ってるのに、1周年となると何かありそうでチト心配になるってのは科学的じゃないですね。ヾ(;´▽`A``

テーマ: 花と生活
ジャンル: 趣味・実用

2012.03.12 Mon 05:56
カテゴリ: 花を愛でる
comment(0) | trackback(0) | 記事編集

PAGE TOP

 | h o m e |  n e x t »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。